言葉の壁を超える

出張や旅行で、海外のホテルを利用する機会もあるかと思います。その場合、やはり現地の言葉を使って、お礼を述べるなどすると、とても好感度がアップしますよね。当たり前といえば当たり前ですが、さらに言えば、「自分の言葉」で挨拶や感謝やお詫びをすると、グッと現地の(例えば)ホテルスタッフとの距離が縮まるといいます。

海外ホテル 言葉の壁を超えるコミュニケーション術

・・・あいさつや感謝、おわびなど、現地語の簡単な表現をいくつか覚えておくだけでも、あなたの好感度は大きくアップしそうです。「『ありがとう』の言葉は、チップ以上にうれしいです」(フォーシーズンズホテルジョルジュサンク/パリ)。「パブリックスペースで、レストランで、朝夕のあいさつは忘れないようにしたいですね。言わないと尊大な態度と見られることがあります」(ホテルジャーナリスト)。・・・

「お客様が名前を覚えていてくださると、感動します」(ホテル・プラザ・アテネ・ニューヨーク)。そのため、「いいサービスをしてくれたと思ったら、ぜひ、スタッフの名前を尋ねてください」(フォーシーズンズジョルジュサンク)。・・・

「マニュアル的な会話ではなく、あくまで自分の言葉で話してくださる方には好感が持てます。私どものレストランにお越しになる日本人のお客様は、片言でも自分の意思を伝えようとしてくれる。これは、とてもうれしいことです」(ル・グランヴェフール/パリ)。・・・

たとえ片言でも、できるだけ積極的に言葉を口にしたほうが、確実に場は和みそうです。最後にもう一つ。至福のひとときに言葉を失うほどの感銘を受けたら、気持ちのままに“最高の笑顔”を向けましょう。これこそ、万国共通の便利な表現です。

日経おとなのOFF、2012年02月08日、引用

一生懸命、現地の言葉を話そうとする顧客には、ホテルマンも人間です。やはり好感を持ったり時には感動するそうです。ぜひ、海外に行った際には、できるだけ実行したいものです。そして「言葉を失うほどの感銘を受けたら」、至福の笑顔を向けましょう。なるほど。“笑顔”は万国共通の表現なのです。

自然な形で会話を始めたい

言葉の壁を超えるために“最高の笑顔”があるのですが、まぁ、それは最後の手段ということで・・・。まずは、片言、できれば自然な形で会話を始めたいものです。例えば、語学ソフトウェアとオンライン語学コースで有名な「ロゼッタストーンRosettaStone)」は、世界中で500万人以上の方々に言葉の壁を越えさせようと、独自の語学トレーニングに取り組んでいます。

今やロゼッタストーンのメソッドは、今や世界の2万以上の学校や政府機関で採用されています。なぜか。そう、なぜならロゼッタストーンの特徴は、まるで自分が海外にいるかのように、目に映る光景を外国語でそのまま理解し、外国語のまま考えるスタイルだからです。外国語の単語、そして単語の集まりであるセンテンスを、日本語に翻訳せずに、自然な文章として身に着けていきます。

直感的なメソッド

ロゼッタストーンを体験すれば、それが従来の翻訳と暗記に頼った語学との大きな違いに気が付くでしょう。つまり、トレーニングにおいて日本語は全くなく、写真を見て直感的に単語や文章と結びつける。この方式は、ネイティブスピーカーが自然に語学を習得するプロセスとほとんど同じだといえます。

そして、オーソドックスな語学の基本である発声トレーニングもしっかり取り込んでいます。ロゼッタストーンでは聞いて話すという形も多く取り入れ、自然な会話力を養うと同時に、スピーチ解析ソフトウェアで音声を波形分析を行い、ネイティブとの違いをも確認できます。

もちろん、スマホ(スマートフォン)やタブレットで、いつでもどこでも時間や場所を選ばず、いわゆるスキマ時間に外国語のトレーニングを行うことができます。まぁ、これは昨今のeラーニング系教材では、当たり前といえば当たり前ですが・・・

ネイティブの先生と会話を楽しみたい

もちろん、ロゼッタストーンはオンライン語学コース(いわゆるオンライン英会話)でもあります。ソフトウェアである程度その外国語を身につけたら、ネイティブスピーカーの先生とリアルタイムに会話を楽しんでみましょう。テーマはソフトウェアでのトレーニングに準じていますので、心地良く話せるはずです。外国語を実際にネイティブと話し、通じる楽しさは格別です。

ロゼッタストーンではオンラインコミュニティーも充実しています。数十種類の語学ゲームを楽しんだり、興味あるストーリーを読むこともできます。また、友達ができたら(友達でなくても?)外国語でチャットを楽しむのもいいですね。そういったサービスもありますよ。

このように語学を自然に学べるロゼッタストーン。この春、外国語を学ぼうと(いや、外国語で遊ぼうと?)考えている方は、ぜひ選択肢の一つとして検討されてみてはいかがでしょうか。もちろん、自分に合うかどうかという点は肝心です。例えば、ロゼッタストーンのWebサイトには動画によるわかりやすい説明があり、それを見て検討されるのもいいかと思います。


ロゼッタストーン 英語 (アメリカ) レベル1、2、3、4&5セット v4 TOTALe オンライン15か月版

※参考資料:
Rosetta Stoneは究極のネット教材?、ネット塾ジャーナル、2013年01月21日
Rosetta Stoneは究極のネット教材?(2)、ネット塾ジャーナル、2013年01月29日
Rosetta Stoneは究極のネット教材?(3)、ネット塾ジャーナル、2013年11月17日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください