メディア」カテゴリーアーカイブ

NHK高校講座は面白い!


※写真: NHK高校講座、引用

MHK Eテレの「NHK高校講座」は面白い。分かりやすく、基礎的な内容なのはもとより、今の社会情勢に合わせて、テレビタレントを起用して(?)とても楽しい番組になっています。民放の情報教養番組と遜色ない感じです。

社会人が視聴してもいい

当然ながら高校のカリキュラムに合わせているので、高校生の学習に大きくプラスになるのですが、一般の社会人が視聴しても様々な気づきがあると思います。とにかく興味がそそられやすいように作られているので、ぜひ観ていただきたいなぁと個人的にはオススメです。

まぁこのNHK高校講座を見ただけでは、例えば大学受験に成功するとは思えません。が、少なくても勉強嫌いの生徒が、受験勉強のキッカケやペースメーカーにするには最適かもしれません。具体的でイメージしやすいNHK高校講座で “学習の土台” を作るのは、非常にうまいやり方かと思う。

このNHK高校講座を見ていると、おそらく高校学習指導要領のイメージが包括的にゲットできます。細かい部分はともかく全体像がつかめ、さらに最近の情報や具体的な事例等も得ることができます。有名なテレビタレントだけでなく、著名な学者や研究者、民間企業や博物館なども出てくるので、非常に時代にビビットな知識も見聞できます。

「NHK高校講座」、オススメです。コツは「勉強」ではなく、あくまで「一般教養」という視点で視聴すると、なんらかの気づきがあると思います。地上波だけで年間15,000円近く支払っているんだから、利用しない手はないですゾ。

※参考資料:
高等学校学習指導要領解説、文部科学省
NHK受信料の窓口、NHKオンライン
これぞオトナの使い方。「NHK高校講座」でコッソリ知識人になる方法、まぐまぐニュース!、2016年04月04日

 英語でコミュニケーションするならNHK高校講座がいちばん!

進研ゼミで基礎固め?


大学受験を考える上で、「進研ゼミ高校講座」ってどう?・・・って聞かれたことがあります。どうと言われてもお子さんとの相性もあるし・・・と一瞬困ってしまいましたが、あれですね。やはり基礎固めを軸に楽しく勉強をすすめるには、何と言っても進研ゼミでしょう、と答えました。

キミの毎日を合格につなげるプランがある【進研ゼミ高校講座】

“無難な線” と言い換えてもいいかもしれない。高校生向けの教材で、最も無難な選択の一つが「進研ゼミ」だと思う。情報量の豊富さとかゆいところに手が届くこなれた教材。楽しさとわかりやすさを追求した学習教材と求めると、自然と進研ゼミが選択肢の一つに入ってきます。

センター対策は進研ゼミ

とくにセンター試験対策としては秀でています。センター試験重視の受験対策で進学を考えている場合、進研ゼミを選ぶケースが多いと思う。それだけ教材が分かりやすく、勉強が進みやすいと言えます。実際、教えて!gooで現役の高校の先生がそう答えています。

・・・基礎が固まっていなければ進研ゼミの方がいいとは思います・・・センター試験でしか必要のない教科であれば、無理してZ会をやるより、進研ゼミの方がいいとは思います。・・・

進研ゼミで国立大? – 高校 解決済、教えて!goo、2005年03月31日

一般的に東大・京大などトップレベルの超難関大学に合格するには「Z会」がいいと言われていますし、上記の先生もそう答えています。まぁ「添削のZ会 vs 教材の進研ゼミ」などと揶揄されていますが、一面の事実でもあるわけです。基礎をかためて応用に入り、いわゆるMARCHレベルを目指すなら進研ゼミがオススメです。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

※参考資料: 進研ゼミだけで国立大学に合格できるのか?、NAVER まとめ、2017年03月11日

大学受験ディアロ【Dialo】


※写真: 小樽商科大学学生サークル「商大充」のゼミ紹介イベント、Tarurun_admin、株式会社sea-na、2012年07月18日、引用

アクティブラーニングと言えば、いわゆる大学のゼミよろしく、①まずは自分で調べて勉強して、②それを持ち寄ってみんなで発表し合う・・・みたいなイメージです。K-12(小中高)の教育課程でも、ぼちぼち採用されつつあるスタイルです。インターネット動画授業などと組み合わせると、まさに流行りの(?)「反転授業」になり、まぁ時代の最先端トレンドかもしれません。

ついに出た!”反転授業の予備校”

そのトレンドを「がっちりマンデー!!」ならぬガッチリ採用しているのが、大学受験ディアロとなります。”Z会の映像×対話式トレーニングで、大学受験に向けた合格力の完全定着を目指す予備校” というのが売り文句で、”反転授業の予備校” ですね。まぁさっそく下記動画を見てみましょう。


なるほど。対話式トレーニングを通じて、生徒が説明し教える。生徒が先生に教える。??・・・そう、生徒が先生(この予備校ではトレーナーと呼ぶ)に教えるのです。これが肝です。「人に教える勉強法」でも書きましたが、人に教えることが自分にとっても一番勉強になる。生徒が先生に教えることで、知識の習得効率は一段と高まります。

やみつきになる学習法?

さらにすごいのは、生徒にとってあまりストレスにならない。場合によっては最初は苦痛かもしれませんが、慣れてくるとおそらく楽しくなる。楽しいというか、ある種の満足感を得られる。人によっては “やみつき” になる生徒も出てくるでしょう。教えられる先生のほうがストレスになるかも・・・?

キャッチコピーとしては、”日本最大の会員数を誇る栄光ゼミナールとZ会の英知を結集した、全く新しい「21世紀型学力」に対応した、生徒が自ら発話をする教育スタイル” ・・・だそうです。まぁ具体的には、従来のインプット偏重から、アウトプット重視に学習スタイルが変わるということですね。
“21世紀型学力育成”大学受験ディアロ、無料体験!

コミュニケーション能力と主体性

あと、対話&プレゼン重視のスタイルですから、当然ながらコミュニケーション能力はつきます。確実に良くなるでしょう。就職活動(就活)をはじめ、社会生活にアジャストしやすくなります。そういう意味では単なる受験勉強ではありません。自分で理解し自分で伝えるわけで、主体性がグッと強化され、大げさに言えば人生の武器を手にすることができます。グローバルに活躍する人材にもなりやすい。広く交渉力の高い日本人というわけです。

さらに下世話な話ですが、大学受験ディアロではざっくり「受講映像見放題と教材も全て込みで1講座2万円(税別)より」と聞いています。なかなかコスパも悪くない。ただ詳しい費用に関してはオーダーメイドのためか、Webでも公開されていません。正確な費用に関しては大学受験ディアロに直接、確認願います。これも大切なことです!
ひと月にどのくらいの費用がかかりますか?|大学受験 ディアロ

※参考資料:
【大学生必見!】大学のゼミに入らないメリットとデメリットまとめ、NAVER まとめ、更新日2016年10月21日
K-12、Wikipedia、最終更新2015年04月03日
反転授業、Wikipedia、最終更新2015年08月18日
TBS「がっちりマンデー!!」
人に教える勉強法、ラーニングジャーナル、2015年09月18日

Wi-Fi無料の「青葉珈琲店」

2017年になりました。みなさま、新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。実は新年早々、ワタクシの自宅近くにできた「青葉珈琲店」(青葉珈琲店・三鷹店)に行ってきました。ランチがだいたい1000円くらいで食べられるので、早速にも妻のご相伴に預かりました。・・・我が家では妻が一番偉いものでして。


※写真: 本日のパスタプレートSET・カルボナーラ(パスタ、小鉢、サラダ、スープ)

スターバックスやマクドナルドよろしく、こちらの青葉珈琲店でもWi-Fi無料で利用できます。たまたまノートパソコン(Chromebook)を持っていたので、試しにつなげてみたら、おお〜! つながりまっせ! このブログ記事(というか単なるおしゃべり?)も書けますね。マンモスうれピー!(古い・・・)

こういうおしゃれなカフェで受験勉強をするのも、たまにはいいかも。というより予算が許せば、しょっちゅう入店して勉強を続けるのも、一案かもしれません。とくに予備校とか行かずに自宅浪人している大学受験生や仕事で忙しく資格取得を目指すビジネスパーソンには、ちょっとした気分転換を兼ねた “勉強スペース” として有効活用できると思います。

食事類も充実

近くにコメダ珈琲さんもあるのですが(コメダ珈琲店・三鷹上連雀店)、たしか携帯電話のキャリア仕様で、”初期設定” とか “通信料金” とかちょっと面倒くさい感じです。それに比して青葉珈琲店(三鷹店)の良いところはカンタンに無料Wi-Fiに接続できる点ですね。

その上、メニュー的にもコーヒー・紅茶はもちろん食事類も充実しているので、コメダ珈琲やスターバックス、PRONTO(PRONTO CAFFE 調布店)やマックと比べても、なかなか使い勝手がいい。さらに雰囲気もナチュラルテイストで、今風のおしゃれで落ち着いた趣です。ライトにネットを使って勉強するには、持って来いかもしれません。

※参考資料:
青葉珈琲店 三鷹店(三鷹/カフェ)、ぐるなび
三鷹上連雀店、珈琲所コメダ珈琲店
PRONTO CAFFE 調布店、PRONTO -プロント-

スマイルゼミの「みまもるトーク」

レコーディング・ダイエットって、ご存じですか? オタキング(おたくの王様)の異名を取る作家・実業家の岡田斗司夫さんが提唱したダイエット法で、2007年に新潮社から出した『いつまでもデブと思うなよ』で発表され、食事の記録を逐一取ることで、間食などの無駄な飲食をなくし、ダイエットに成功する方法です。

レコーディング・ダイエットならぬレコーディング・スタディ?

実はそれにちょっと近い勉強ノウハウがあります。ジャストシステム社提供の『スマイルゼミ・小学生向け』の「みまもるネット」「みまもるトーク」がそれにあたります。このみまもるネット&トークはちょっと他にはない “学習状況のモニタリング兼レコーディング・ツール” でして、今までなかなか “みまもる” ことができなかった子どもたちの学習進捗状況を、しっかり把握しつつコミュニケーションをとることができます。レコーディング・スタディとでも言って良いのかなぁ・・・。

・・・タブレットを通じて、親子でコミュニケーションを取りながら学習を進めていくことができるので、お子様もパパやママから褒められることでモチベーションがぐんぐんアップして、学習への意欲がおもしろいようにあがっていきます!

実際にみまもるトークで週に1回以上「励まされているお子様」は、「そうでないお子様」と比べて週に5日以上学習に取り組まれる率が約6.5倍というおもしろいデータもでています。・・・

「勉強しなさい!」子供への私の口癖がいつのまになくなった理由、タブレットで学ぶ通信教育「スマイルゼミ」

親に褒められ励まされる効果は絶大で、その威力はなんと6.5倍! やはり小学生の場合、身近な両親などに見てもらって励まされると、モチベーションが湧き、学習も継続しやすい。逆に学習塾や予備校、他のネット塾などに親が子どもを丸投げしても、なかなかモチベーションを保つことが難しい。

◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ 【小学生向け通信教育】が誕生!

スマイルゼミの場合、極端に言えば親子がひざを交えていっしょに勉強する感じなので、ある種の連帯感というかモチベーションが自然と醸成されやすい。学習への強制力が乏しいと言われるネット塾系ですが、ここまでシステム化するジャストシステムはなかなかしたたかというか、じつに丁寧かつ突っ込んだ取り組みだと思います。

※参考資料:
レコーディング・ダイエット、Wikipedia、最終更新2016年05月10日
岡田斗司夫、Wikipedia、最終更新2016年11月14日

 いつまでもデブと思うなよ・電子版プラス

スタディサプリ、スマイルゼミ等タブレット系ネット塾




2016年に入り、「ネット塾」もタブレット系ではプレーヤーたちがある程度絞られてきた感があります。ざっくり「スタディサプリ、スマイルゼミ、アオイゼミ」などの非教育産業系(新規参入組?)と、「Z会、進研ゼミ、ショウイン、秀英iD予備校、e点ネット塾」などの既存の教育産業系とに、2グループに別れると思います。

タブレット系ネット塾、すなわちインターネットをベースにタブレットで学習するスタイル自体が、2012年頃から徐々に普及し始め、2013年の「受験サプリ・月額980円ショック」で、ガツンと認知度がアップしました。一般にタブレット系ネット塾の歴史といえば、ここ3年くらいでしょうか。まだ業界ができたばかりと言えます。

【受験サプリ】動画授業で苦手を克服

結論から言いましょう。コストパフォーマンス(cost effective)からいえば、やはり「受験サプリ」=2016年04月20日からの「スタディサプリ」に一日の長があります。なんせ月額980円(税抜)という圧倒的低価格! それでいて、基本的な動画や教材はすべて利用可能です。ネット上で完結する学習スタイルもいいですね。まぁ “だから” 安く提供できるとも言えるのですが・・・。

スタディサプリは「勉強」という感じではない

ただ従来の教育スタイル、教科書に参考書籍に問題集にドリルといった “紙” スタイルとは一線を画しているので、勉強のオーソドックスな感覚からは “かけ離れている” とも言えます。さらにスマイルゼミや進研ゼミのように教育専門タブレットを使うわけではないので、やや操作性等に難がある・・・と言えなくもない。

◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ 【小学生向け通信教育】が誕生!
◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育

従来からのオーソドックスな教育形態に正しく “ハマっている” 児童・生徒さんには、正直強くオススメできません。スマートフォン片手に音楽でも聴いているかのような、お気楽な動画視聴スタイル(?)になる可能性があり、はたで見ていると、とてもまじめに勉強しているとは思えません。あくまで見た目に限った話ですが・・・。

そもそも受験 “サプリ” あるいはスタディ “サプリ” という、これらタイトルからも読み取れるように、あくまで教育における「サプリメント」なんだという位置づけです。もちろん、カリキュラムの内容自体は本格的なしっかりしたもので、しかも今後はビッグデータ解析も一層取り込み、非常に学習効果の高い先進的なものです。しかし、なんせ見た目が遊び感覚に近い。そのあたりを逆手に取って「サプリ」という絶妙ななネーミングをつけたと思います。言い得て妙ですね。

※参考資料:
受験サプリ、Wikipedia、最終更新2015年08月30日
タブレット (コンピュータ)、Wikipedia、最終更新2016年02月18日
タブレットで勉強できる!スマイルゼミ・勉強サプリなどタブレット教材!、NAVER まとめ、更新日2016年02月26日
タブレットを使って学習する教材、ネット塾比較、2016年01月28日

受験サプリなど「スタディサプリ」に統一

「受験サプリ」「勉強サプリ」など○○サプリを「スタディサプリ」に統一

リクルートマーケティングパートナーズ(リクルートMP)は25日、オンライン学習サービスの「受験サプリ」と「勉強サプリ」「英語サプリ」「英単語サプリ」のサービスブランドを、「スタディサプリ」に統一したと発表した。・・・2011年10月に高校生向けオンライン学習サービス「受験サプリ」の提供を開始してから、小中学生向け「勉強サプリ」、英語学習をサポートする「英語サプリ」や「英単語サプリ」など・・・を提供してきた。・・・

サービスブランドを「スタディサプリ」に統一。「スタディサプリ」では、小中高校生向けにそれぞれ「小学講座」「中学講座」「高校講座」「大学受験講座」を用意。英語4技能の強化には「ENGLISH」、英単語に特化した「英単語」も提供する。・・・

ICT教育ニュース、2016年2月26日

受験サプリ、勉強サプリ、英語サプリ等のサービスブランドを「スタディサプリ」にブランド統一ですか・・・。いいですねぇ。ユーザー側からすると、実際の学習上のメリットはどうかと思いますが、心理的な安心感につながります。これは意外と大きいと思う。「勉強」って心理的な面も大きいからね。

【受験サプリ】動画授業で苦手を克服

小・中・高校生(いわゆる初等・中等教育)はもとより、社会人を含め、今や “多様な学び” が必要な時代です。いわゆるネット塾の対象範囲はどんどん広がるというか、多岐にわたりつつある。そういった中でリクルートMPが「ブランド統一」することで、「総合的にサポートしていきますよ!」と内外に示す意味は大きい。

「安心感」がブランド価値を向上させる

ブランドの統一によって利用者に対する「安心感・信頼感」は醸成されるし、それが「スタディサプリ」のブランド価値を向上させます。ネット塾やオンライン学習といえば「スタディサプリ」という、人々の間に “定番イメージ” が定着する可能性が高いと、私はみています。

当初、無料の受験情報サイトとして始まった「受験サプリ」は、はや開講(開始)してすでに5年近くが経ちます。もちろん競合他社もたくさん出てきてはいますが、ネット塾系の「老舗」の強みとリクルート社の開拓者精神があいまって、日本のすべての大学受験生の約半数(およそ25万人)」が利用するというデファクトスタンダードを築きました。

まさにニッポンの動画授業(講義動画)のパイオニア的存在として、また価格破壊とも言える “月額980円” という教育業界のプライスリーダーとして、受験サプリ・・・いや新生「スタディサプリ」には大いに期待したいものです。

※参考資料: 受験サプリ、Wikipedia、最終更新2015年08月30日

突然到来した「10年後の未来」

突然到来した「10年後の未来」、気候モデリングや疾病分析に応用も

・・・従来の囲碁ソフトは、「モンテカルロ木探索」と呼ばれる手法をとっていた。まず、人間にはデタラメにも見える手をランダムにAIが考案し、ひたすら終局まで打ち切る作業を大量に繰り返す。そこから逆算して勝率が高かった手を選ぶという考え方だ。・・・

ここに、シミュレーションの途中で発見された「良さそうな手」を、更に深く探索する「木探索」というアルゴリズムを加えて、着手の精度を高めた。・・・だが、モンテカルロ木探索による棋力向上は、ここ数年頭打ちになりつつあった。

グーグルは「ディープラーニング(深層学習)」と呼ばれる技術を、モンテカルロ木探索と組み合わせた。人間の頭脳を模してコンピューターを連結したネットワーク上で、コンピューター自らが学習する特徴を持つ。画像認識分野でコンピューターが自ら「猫」「人間」などを高精度に識別できるようになった成果により、一気に注目を集めた技術だ。・・・

グーグル、囲碁で「人間超え」の衝撃、日経ビジネスオンライン、2016年01月29日

コンピューター自らが学習する

コンピューター、そして人工知能(AI)は基本的に自ら学習することはなく、教師役である人間が何らかのパラメータを生徒役であるコンピューターに与えなければならない、と考えられてきた。それがここに来て、(良い意味で)根本から崩されてきた。

上記に記事によれば、Googleは猫の大量の画像をコンピューターに読み込ませるだけで、コンピューター自らが「猫とは何であるか」を学習させることに成功した。自分で学習したコンピューターは新しい猫の画像を見せられても、それが猫であると判るという。これはまさに人間の学習行為に近く、非常に画期的だと言える。

猫をたくさん見せれば、猫とは何かと理解する。囲碁をたくさん練習させれば、囲碁がうまくなる。言葉をどんどん聞かせれば、人間の言葉を理解できるようになる。なんと人間的な “プログラム” なんでしょう。スバラシイ・・・。

ブラックボックス化するAI?

さらに乱暴に言うと、この「自ら学習する」システムというのは、面白いことに(?)そのコンピューター上のシステム構造が明確にハッキリわかっていません。いろいろトライ・アンド・エラーで探っているうちに、「自ら学習する」システムが出来上がってしまった・・・という側面もあります。誤解を恐れず言わせていただければ、人工知能の中身はブラックボックス化しているわけです。これも人間的と言ってしまえば、人間的です。

そういう意味では、人工知能は制御しにくい機械かもしれません。まるでターミネーターのように・・・。精度の高いパフォーマンスを示すが、何を考えているかわからない機械。そういう存在になる可能性があります。これからは “人間への教育” において、いかに人工知能を制御し、正しい方向に導くか、あるいは適切に利用するかが重大なテーマになると思います。

※参考資料:
パラメータ、Wikipedia、最終更新2016年01月13日
「囲碁の謎」を解いたグーグルの超知能は、人工知能の進化を10年早めた、WIRED.jp、2016年01月31日
グーグル、スマホに画像認識AI 半導体企業と提携、日本経済新聞、2016年02月02日
人工知能って何?、(社)人工知能学会
人間は2045年に不要になる?人工知能の進化が引き起こす恐怖、Suzie(スージー)、2015年10月31日

 

ビッグデータの可能性と限界


※画像: ビッグデータの正体 情報の産業革命が世界のすべてを変える、講談社、2013年

教育業界で「ビッグデータ」が注目されている。紙からデジタルへとIT化が進む教育現場で、子どもたちの膨大な学習記録を情報端末を通じて集め、残せるようになってきたからだ。「ビッグデータ」を活用すれば、学力は上がるのか。・・・

解答を終えた生徒は、用紙をスキャナーに通した。データの保管先は岡山大学にあるコンピューター。1人につき1カ月に延べ2千字分の解答の電子データが積み上がる。解析するのは岡山大大学院教育学研究科の寺澤孝文教授。「どんな生徒でも成績が上がる」と言う。

このドリルは、独自のスケジュールが組まれており、生徒一人ひとりがどの漢字をどの程度身につけたかが正確に測定できる。このデータを解析すると、例えば「漢字1千字を習得するのにかかる時間」が予測でき、一人ひとりの学習進度に応じて問題を作ることもできる。・・・

教育ビッグデータで成績上がる? 市場「3千億円規模」、朝日新聞デジタル、2015年05月05日

スマートフォンやタブレット、PCで生徒たちが勉強していけば、データはどんどん蓄積され、それはビッグデータとなる。アクセス回数はもとより、詳細な画面毎の閲覧回数と時間、そして設問への回答時間、正解・不正解の情報などが積み重なっていく。

それらはその該当する生徒における学力の “強みと弱み” を明らかにし、その結果、その生徒に合った学習プログラムが生成される・・・。ビッグデータ解析を教育プログラムに適応させると、こういったメリットが享受できる。

予測のツール・ビッグデータ解析

ビッグデータ解析はとりわけ「近未来予測」にチカラを発揮すると言われている。膨大な過去のデータから、近未来を予測するわけだ。ある生徒が1時間勉強し、サーバー側にデータ送信すれば、彼・彼女の “強みと弱み” がわかると同時に、例えば2年たったらどれくらい学力が伸長するかもわかる。わかりやすく言えば、こういったことでしょう。

学力の伸長 “予測” をただ単純に示した場合、その生徒のモチベーションが低下する可能性もある。しかし分析の仕方を工夫すれば、学習スケジュールや学習量の「見積もり」が的確にデータとしてアウトプットされる。つまり例えば、何年間どの程度勉強して、どういった点に気をつければ、どういった結果が出るかが事前にわかる。

ビッグデータ解析が近未来の「見積もり」機能に長けているとすれば、学習者によっては非常にモチベーションアップに寄与するでしょう。少なくても筆者には寄与すると思う。やはり右も左も分からないジャングルにパラシュートで降り立ったとして、的確な地図が有るのと無いのでは、生存へのやる気がガゼン違ってくるからです。

理由付けには不向き

ただビッグデータ解析には不向きな点もある。その最大な項目が「理由付けには不向き」という点だ。ビッグデータ解析は基盤として統計上の分析なので、A→B→Cと事象が会った場合、A→Cを的確にアウトプットするが、真ん中のBをすっ飛ばしてしまう。そういう傾向がある。

いわゆる「理由付け」を提供するのが苦手だ。ビクター・マイヤー=ショーンベルガー氏とケネス・クキエ氏の共著『ビッグデータの正体 情報の産業革命が世界のすべてを変える』(講談社、2013年)でも指摘しているが、ビッグデータ解析では「相関関係」を導き出すのは得意だが、「因果関係」を割り出すのは苦手だ。

東京大学合格を目指す人工知能(人工頭脳)のプロジェクト「東ロボくん」(Todai Robot Project)を率いる新井紀子先生(国立情報学研究所教授)も、そもそもコンピューター系は「相関関係」は得意だが「因果関係」は苦手という主旨のことを言っています。

・・・東ロボくんに限らず、現在「人工知能」と呼ばれているものは言葉を解さない。・・・キーワードを頼りに検索をし、関係がありそうな文を選んできて、制限字数内にはめ込むだけだ。・・・
「東ロボくん」研究の教授コメント 「人間、頑張れ!」、朝日新聞デジタル、2015年11月14日

A→Cの例を説明をしましたが、言い換えればビッグデータ解析や人工知能は「風が吹けば桶屋が儲かる」という結論だけを導き出すのは得意だが、「風が吹けば、土ぼこりが立ち、目に入って盲人が増え、三味線がたくさん買われ、多くの猫皮が必要になり、ネコがたくさん殺され、ネズミが増え、ネズミが桶をかじるので、桶屋が儲かる」という流れを解説するのは得意ではない。

人が好むシンプルな「因果関係モデル」

人間が本質的に「理由付け」にこだわるのは、自分自身で “納得” したいのと、あと逆説的だが、将来の教訓にしたいからだ。つまり「将来の教訓≒近未来予測」である。コンピューターは「相関関係」で未来予測をし、人間は「因果関係」で未来予測をする。簡潔に言えばそういうことです。

なぜなら、コンピューターは膨大なビッグデータと解析プログラムを使い、「相関関係」を即座に導き出せるが、人間にはそれができない。一般的に記憶容量と検索能力に限界があるからだ。したがって人間はシンプル化された「因果関係モデル」を用いて(つまり理由にこだわって)未来予測をする(これからどうするか決める)。

また、これは筆者の考えだが、ビッグデータ解析は過去の膨大な情報を元に判断するので、状況が激変すると(すなわち前提条件が変わると)的確な答えを出せない。そういった変化の激しい環境では、一応、普遍的な教訓(?)でもある「因果関係モデル」がチカラを発揮する。

基礎教育はビッグデータ、創造性は人間

こう考えると、ビッグデータ解析は過去との繋がりが重視されるベーシックな教育プログラムには最適だと思う。しかし、道無き道を切り開くような創造的な分野には本質的に合わない。やはり因果関係にこだわる人間の頭脳のほうが創造性では一日の長(というかかなりのアドバンテージ)があると言える。

今後、初等教育や中等教育の分野では、ビッグデータ解析や人工知能は高い効果を発揮するでしょう。日本の基礎的な教育は今よりも充実する可能性は高い。それを身につけた人間が大学などの高等教育でどう創造性を発揮するかが、未来の教育・研究現場の課題かもしれません。

お酒の飲み過ぎの格言ではありませんが、ビッグデータは飲んでも飲まれるな(呑まれるな)!・・・ですね。

※参考資料:
東ロボくん、私立大8割「A判定」、ネット塾ジャーナル、2015年11月16日
ロボットは東大に入れるか。Todai Robot Project、国立情報学研究所
風が吹けば桶屋が儲かる、Wikipedia、最終更新2015年11月17日
リクルート、「受験サプリ」好調の裏にビッグデータ活用、知的ゲームでやる気くすぐる、ITpro、日経コンピュータ、日経BP社、2015年09月15日

★「受験サプリ」はビッグデータを活用して成果を上げています。

受験サプリはPCがおすすめ


東大出身の実力派俳優・香川照之さんがプロモートするオンライン予備校「受験サプリ」ですが、スマホ(スマートフォン)やタブレットを念頭に置いてコマーシャルメッセージを流しています。


でも実際使ってみると、もちろんスマホもいいのですが、パソコン(PC)の方がやはり本腰を入れて勉強できます。なぜか。それはテキスト(講義テキスト)にあります。

スマホとPCとの併用が効果的

受験サプリでは、自由にテキストをダウンロードできるのですが、PDFファイルのため、スマホだと動画(講義動画)と同時に見ることができない。動画とテキストの画面をいちいち切り替えなければなりません。さらにスマホはシングルタスクの傾向があるので、画面をテキストに切り替えると動画はストップします。

これがPCだとマルチタスクのメリットで、動画とテキストを同時並行的に見ることができます。だから授業をスムーズに受講できる。そんな感じで、リアルな教室の授業に近い状態で勉強が進みます。やはりPCには情報処理において “余裕・余力” があるのです。

いつでもどこでも誰とでも勉強できるスマホ学習は、まさに空いた時間を使う “スキマ学習” に適していて、時間効率も実によく素晴らしい。しかしながら、やはり弱点も無いわけではないのです。Web検索で「受験」と入力すると、上位に出てくるほど大学受験ツールとして浸透した「受験サプリ」ですが、スマホとPCとの併用が最も効果が上がりやすい勉強法かもしれませんね。

ネット高校「N高等学校」開校


※画像: N高等学校、学校法人角川ドワンゴ学園、引用

カドカワは2015年10月14日、2016年4月に開校を予定している単位制の通信制高等学校の校名や授業内容などの詳細を発表・・・学校法人名は学校法人角川ドワンゴ学園、校名はN高等学校。開校は2016年4月予定で現在、設置認可を申請中である。・・・N高等学校は学校教育法第1条に定められた高等学校であり、全日制高等学校と同じ卒業資格を得られる。・・・

「ニコニコ生放送を進化させた新しい仕組み」(カドカワ代表取締役社長の川上量生氏)による双方向の学習サイトで実施する。・・・大学進学向けやプログラミング、エンタテインメント創作などのカリキュラムを提供する予定である。例えばKADOKAWA 中経出版の持つノウハウを生かしたオリジナルカリキュラムなども用意し、大学進学指導も充実させる。川上氏は、「最初の年から東大生を出したい」と意気込む。

さらにドワンゴのトップエンジニアなどによるプログラミング課外授業を提供する。・・・コンピュータサイエンスなどの課外授業も予定する。そのほかKADOKAWAから書籍を出版している作家による小説創作授業や、ライトノベルやコミックの作家によるエンタテインメントを創作する授業などのネット課外授業などを提供予定である。・・・

カドカワのネット高校名は「N高等学校」、プログラミングの課外授業など充実、ITpro、2015年10月14日

ネット高校が本格的に登場

おお〜、ネット塾ならぬネット高校が本格的に登場しました。その名も「N高等学校」! N高等学校のNはネットの「N」。他にもNew、Next、Necessary、Neutralなどの「N」でもあるらしい(※メタボでフリーターおっさん。気になる情報を書く!。「ふつうの高校生になって、将来どうするの?」という妖しいキャッチコピーがココロに刺さります。


ちなみに、この「メタボでフリーターおっさん。気になる情報を書く!」というブログは面白い。内容が簡潔にわかりやすく書かれているだけでなく、「体重80kgのフリーターおっさん、日頃のチョット気になる情報を調べる。子供の大学入学金がないので・・・」のクダリがまさにオイラといっしょで、他人の気がしないよ〜。

3年間で65万円也!

さて「N高等学校」は株式会社KADOKAWA・DWANGO(カドカワ・ドワンゴ)の学校なので、当然ながらエンターテインメント系とプログラミング系がカリキュラムのウリですが、それにプラスして「大学受験、大学進学」にも力を入れるそうです。ネット版ドラゴン桜かよ・・・。

さて、気になる授業料等ですが、1年次が約25万円、2年次・3年次は約20万円だそうです。トータル3年間でだいたい65万円です。しかも、文部科学省の就学支援金を利用した場合、なんと半額弱の約30万円(3年間)になるそうです。ネット高校だとこんなにリーズナブルな学費になります。

もちろんIT企業のドワンゴが作った学園です。生徒全員の電子メールアドレスはもちろんのこと、チャットツールや共有ソフトウエアの利用など、学校内のコミュニケーションや教材、レポート提出など、包括的にITを活用していくようです。学習の効率を高め、費用を低減する。IT(教育ICT)のチカラがいかんなく発揮されます。

※参考資料:
N高等学校/公式サイト
カドカワのネット高校名は「N高等学校」、プログラミングの課外授業など充実、ITpro、2015/10月14日
SAO作者が”ネットで授業”カドカワが「N高校」を作る理由、ASCII.jp‎、2015年10月14日
角川ドワンゴが通信制高校に情熱を注ぐワケ、東洋経済オンライン、2015年07月13日
ドワンゴ、Wikipedia、最終更新2015年10月14日
学校教育分野|教育の情報化、文部科学省