Rosetta Stoneは究極のネット教材?

ロゼッタストーン

オンライン英会話は数々あれど、総合英語学習システムの「ロゼッタストーン」(RosettaStone)が筆頭に上がるでしょう。ネット塾(インターネット学習塾・予備校)の究極の形かもしれません。ちょっと価格が高いけどね。メインの教材「Rosetta Stone TOTALe」は79,800円(無期限)で、いわゆるオンラインの会話レッスン「ReFLEX」だと120,000円(年間)です。


日本語なしで英語を学ぶ

しかしこれはスゴイ。何がすごいって、(日本人に対し)日本語なしで英語を学べる。まるで赤ちゃんになったように、「写真」等のイメージを見て、「言語」を取得していくわけです。

まさにネイティブ気分で語学を学ぶわけです。「絵」を見て「聞く・しゃべる」。これは脳に入りやすい。特に若い人たちにはピッタリでしょう。

ただ筆者の場合、すでに50歳近いので、ちょっと厳しい。実は中国語のRosettaStone(VERSION4)を持っているのですが、現在ちょっと休止中です。私の脳が古くなりつつあるので、どうしても知っている日本語から中国語につなげようとするみたい。最近は別の教材で、中国語に取り組んでいます。でも、少し中国語に慣れたら、またRosettaStoneを再開しようと思っています。やはりRosettaStoneは魅力的です。「学びの流れ」が自然だからね。

絵から語学は自然の流れ

40歳くらいまでなら、この「ロゼッタストーン」はイチオシです。「絵・写真」から「言葉・語学」。まさに自然の流れです。ネット塾でも、この流れはだんだん取り入れられるでしょう。具体的な描写から、数学・理科・社会のロジックを学ぶ。今はCGも発達しているので、「具体」から「抽象」へ導くネット教材を作るのも、比較的容易でしょう。コンピュータの得意分野かもしれませんね。

ロゼッタストーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください