スマイルゼミの「みまもるトーク」

レコーディング・ダイエットって、ご存じですか? オタキング(おたくの王様)の異名を取る作家・実業家の岡田斗司夫さんが提唱したダイエット法で、2007年に新潮社から出した『いつまでもデブと思うなよ』で発表され、食事の記録を逐一取ることで、間食などの無駄な飲食をなくし、ダイエットに成功する方法です。

レコーディング・ダイエットならぬレコーディング・スタディ?

実はそれにちょっと近い勉強ノウハウがあります。ジャストシステム社提供の『スマイルゼミ・小学生向け』の「みまもるネット」「みまもるトーク」がそれにあたります。このみまもるネット&トークはちょっと他にはない “学習状況のモニタリング兼レコーディング・ツール” でして、今までなかなか “みまもる” ことができなかった子どもたちの学習進捗状況を、しっかり把握しつつコミュニケーションをとることができます。レコーディング・スタディとでも言って良いのかなぁ・・・。

・・・タブレットを通じて、親子でコミュニケーションを取りながら学習を進めていくことができるので、お子様もパパやママから褒められることでモチベーションがぐんぐんアップして、学習への意欲がおもしろいようにあがっていきます!

実際にみまもるトークで週に1回以上「励まされているお子様」は、「そうでないお子様」と比べて週に5日以上学習に取り組まれる率が約6.5倍というおもしろいデータもでています。・・・

「勉強しなさい!」子供への私の口癖がいつのまになくなった理由、タブレットで学ぶ通信教育「スマイルゼミ」

親に褒められ励まされる効果は絶大で、その威力はなんと6.5倍! やはり小学生の場合、身近な両親などに見てもらって励まされると、モチベーションが湧き、学習も継続しやすい。逆に学習塾や予備校、他のネット塾などに親が子どもを丸投げしても、なかなかモチベーションを保つことが難しい。

◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ 【小学生向け通信教育】が誕生!

スマイルゼミの場合、極端に言えば親子がひざを交えていっしょに勉強する感じなので、ある種の連帯感というかモチベーションが自然と醸成されやすい。学習への強制力が乏しいと言われるネット塾系ですが、ここまでシステム化するジャストシステムはなかなかしたたかというか、じつに丁寧かつ突っ込んだ取り組みだと思います。

※参考資料:
レコーディング・ダイエット、Wikipedia、最終更新2016年05月10日
岡田斗司夫、Wikipedia、最終更新2016年11月14日

 いつまでもデブと思うなよ・電子版プラス


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。