タブレットで教育需要争奪戦

20130621_nikkei

タブレット、成長市場に。米IT、教育需要争奪戦。アップル、29億円大型受注。

【シリコンバレー=奥平和行】米IT(情報技術)大手が学校へのタブレット(多機能携帯端末)の販売でしのぎを削っている。アップルは米ロサンゼルスで3,000万ドル(約29億円)の大型受注に成功。マイクロソフト(MS)やグーグルも大規模な値下げなどで追い上げる。教育分野ではタブレットの需要が急拡大しており、各社は成長市場の取り込みを急ぐ。・・・

日本経済新聞、2013年06月21日、引用

やはり、アップルは強い

ネット塾(インターネット学習塾・オンライン予備校)でも、使い勝手の良さから注目のタブレット端末。IT各社からタブレットの製品が出ていますが、やはり先行者利益というか、アップル「iPad」は教育市場でも強い。「アップルは世界全体で学校向けに1,000万台近くのiPadを販売した実績があり、教育市場で先頭を走っている。」(日経新聞・奥平和行氏)。

今回アップルは、ロサンゼルスの公立学校へiPadを使ってもらうための、大型受注に成功したそうです。受注金額はなんと3,000万ドルです。このロサンゼルス統一学区には、1,000を超す幼稚園から高校があり、そこで学ぶ64万人程の生徒にアップルのタブレットを配るそうです。

そういえば、日本のITキャンプ「Life is Tech!」でも、iPad・iPhoneアプリ開発が中心で、開発機器もMac。ここでも、アップル中心に教育コースが幅を利かせています。AndroidやWindows 8のアプリ開発コースもありますが、まだ途上に見えます。やはり、アップルは強いですね。

iPad mini 16GB Wi-Fiモデル ブラック&スレート MD528J/A


追うMSとグーグル

MSやグーグル(Google)も教育市場には力を入れている。

MSは「YouthSpark」というICT導入推進プロジェクトをローンチしています。アメリカでの「YouthSpark Summer Camps」や、日本での群馬県立前橋高校のケースがあります(IT化が進みつつある教育現場(4))。

上記の日経の記事でも紹介されていますが、MSは「6月下旬、米テキサス州で開かれる教育関係の会議の参加者に1万台のサーフェス(Surface)を無償提供」するそうです。さらに、一般学校向けのサーフェス価格も最大60%下げるとのこと。半額以下です。

マイクロソフト Surface RT 32GB Touch Cover 9HR-00019


またグーグルも教育現場への浸透には力を入れています。グーグルのクロームブック(Chromebook)を採用する学校が世界中で2,000校超だそうです(IT化が進みつつある教育現場(3))。クロームブック自体はタブレットでは無いが、ネット(Web)に最適化されたレガシーフリーのノートPCです。非常に起動が早く、オンラインに特化したノートPCなので、タブレットに近い感覚でしょう。

グーグルの教育市場への浸透といえば、現在はこのクロームブックです。確かにこの秋に向けて、グーグルでは教育アプリの配信サービス「グーグルプレイ・フォー・エデュケーション」を準備しているそうです。しかし、Nexusなどアンドロイド(Android)搭載タブレットが教育現場へ浸透するのは、あるとしてもまだまだこれからの展開でしょう。今のところ、クロームブックをベースに、教育現場への浸透が図られています。

将来への投資として魅力的な教育市場

言うまでも無く、事業会社にとって、教育市場は “未来への投資” を含んでいます。教育現場に自社製品を安価で(場合によっては無償で)使ってもらうのは、10年後~20年後の市場シェアの確保が狙いです。子供のころに慣れ親しんだデバイス、ソフトウェア、Webサービス、コンテンツ・・・。これらは、その子供が大人になっても使い続けられる可能性が高い。

子供のころ食べたかっぱえびせんやビッグマックの味が忘れられず、大人になっても食べ続けている48歳の中年オヤジ(筆者?)がいますが、それと同じこと。子供のころ使ったiPadやSurfaceに、大人になっても強い愛着すらわくでしょう。IT大手企業各社は、教育現場で使いやすいタブレットが出た今がチャンスと、将来の利益を生む樹の “種” をせっせとまいているのです。

※参考資料:
中学生、高校生のためのITキャンプ、Life is Tech !、ライフイズテック
広島のイクメン、2児のパパ、2013年05月05日
アップル – 教育 – 教室の中でも外でもMacと学ぶ。、Apple Inc.
Microsoft Surface — 新しいタブレット PC、Microsoft
Google Chrome OS、Wikipedia、最終更新2013年06月20日
Chromebook、Wikipedia、最終更新2013年04月09日
Android、Wikipedia、最終更新2013年06月18日
Google Playに教育用バージョン、今年秋から登場、ギズモード・ジャパン、2013年05月16日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください