秀英iD予備校で部活と両立

ネット塾(インターネット学習塾、オンライン予備校)は基本的に、時間や場所に拘束されずに勉強出来ます。スマホ(スマートフォン)やタブレットがあれば、いつでもどこでも映像授業を受けることができます。ただ、これがアダになって、「いつでもできるからいいや〜」と油断しがち・・・。結局、あまり勉強しなくなるパターンもありえますね。

まぁ、人間なんて、そんなもんです。ましては若い中学生・高校生ですから・・・。

部活生にとって福音

ただ、ハードなクラブ活動(部活動)で、時間的にも物理的にも勉強時間が取りにくい生徒さんにとっては、ネット塾はホントに福音のようです。秀英iD予備校の合格体験記にもそんなエピソードが載っていました。


私は陸上部とバスケ部をかけもちしていて、部活の練習がとてもハードで、秀英ID予備校に出会うまでは、毎日の勉強にとてもついていけなくて困っていました。しかし、ID生になってからは、毎日勉強を行うようになり、部活も勉強も両立できています!結果としては、最初のテストとくらべて、20位アップしました♪
私は秀英ID予備校に出会えたから、部活も勉強も両立できました!…
秀英iD予備校 > 合格体験記、引用

やはり、時間の拘束を受けることもなく、毎日勉強できるのが大きいようです。彼ら部活生(!)は、①自由な時間が少ないという外部要因と、②スポーツなどで鍛えた内部要因で、「集中力」がとても高いと思う。毎日、少ない勉強時間でも、秀英iD予備校などのネット塾で効率よく学習を進めているのでしょう。

わかりやすい映像授業、家計にもやさしい

特に、秀英iD予備校の教師陣は、わかりやすい映像授業で定評があります。やはり、長年の経験とアルバイト講師や外部講師に頼らない姿勢が大きい。「秀英予備校、すべてスマホ対応に」(ネット塾ジャーナル)を参照いただければわかると思います。なんと、秀英予備校の講師はほとんど自前の正社員(約88%)です。

秀英iD予備校は、クラブ活動を頑張る「部活生」への強力な援軍です。それにネット塾系は家計にもやさしい。これも大きいね。現実問題、クラブ活動費もバカにならないでしょう。秀英iD予備校なら、部活と勉強をしっかり両立できる!

これからは、例えば甲子園出場した高校球児が、ネット塾で勉強して、東大に入るケースも出てくるかもしれません。そしたら、東京六大学野球で初の「東大優勝」が本当に起きる!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください