アカデミックコモンズ


※写真: 学生の学生による学生のための生きた学びの場『Academic Commons』、関西学院大学、引用

オフィスはいらない?

ホリエモン(堀江貴文氏)が下記動画の“ホリエモンチャンネル”で、「(昨今のトレンドとして)オフィスはいらない」と言っています。すでにその兆候は出てきているというのです。スマホ(スマートフォン)の普及で、オフィス無しでも仕事が進む。そういうことです。

もしかしたら、このブログを見ている方々も同じことを感じているかもしれません。あるいは、すでにオフィス無しの企業で活躍させているビジネスパーソンもチラホラいるでしょう。ホリエモン自身、仕事において“原稿書き”以外は、ほとんどスマホで済ませることができるそうです。


キャンパスもいらない?

実は大学も、①授業を受ける「教室・講堂」、②ゼミ活動の「ゼミ室」、そして③自習の為の「図書館」といった3大施設あたりが、会社のオフィスに当たるモノだと思います。だが良く考えると、学生同士あるいは教授や講師たちを交えたフランクな感じの“自由な勉強スペース”というものが無い。これは問題です。特に今の時代では・・・。

つまり、従来の授業・講義(①)や図書館での調査(③)にあたる勉強スタイルは全てスマホやタブレット、PCでカバーできます。ネット塾系でも動画授業は花盛りですから・・・。さらに、ゼミ活動(②)だって、場合によってはネットで完結できるでしょう。インターネット大学とも言えるMOOC(MOOCs)は、議論や質疑応答も可能で、とてもゼミっぽい感じですしね。

関学の「アカデミックコモンズ」

「大学」もこのまま従来どおりの発想だと、その設備的にもインターネットに中抜きされて、「不要」の烙印を押されかねません。そこで昨今登場したのが、学び空間「アカデミックコモンズ」という“自由な勉強スペース”という発想です。この「アカデミックコモンズ」は(日本では)関西学院大学の専売特許(老舗?)のようなところもあり、下記のように素晴らしい施設です。


※写真: 関西学院大学|アカデミックコモンズ -クレセント- Kwansei Gakuin University Academic Commons -CRESCENT-、引用

設備も素晴らしいのですが、肝要なのは「アカデミックコモンズ」のコンセプトです。関学(関西学院大学)では、なんとリンカーン大統領(米国)のゲティスバーグ演説ばりに、「学生の学生による学生のための生きた学びの場」と、そのコンセプトをカッコ良くぶち上げています。

アカデミックコモンズは、『「学習」と「憩い」と「学生活動」』をコンセプトとする、「学生の学生による学生のための生きた学びの場」です。学生、教職員、OB・OG、学外の人々と多様な出会いを通して新たな世界を開拓し、主体的に学び、探究とディスカッションを通して価値あることを創造する楽しさを知り、それを広く発信して知を共有する輪を広げる、このような活動の拠点となる空間です。

アカデミックコモンズは、知的好奇心や学びたいと思う意欲がかきたてられるアクティビティを学生・教職員が一体となり展開する、「学びのテーマパーク」ともいえます。・・・
Academic Commonsとは > コンセプトなどを紹介します、関西学院大学|アカデミックコモンズ、引用

「学びのテーマパーク」ですよ。その昔、古舘伊知郎アナウンサーがプロレス中継で、「闘いのワンダーランド」と評して大ブレークしましたが、それをほうふつさせるキャッチコピーです。ちょっと突き抜けた感もありますね。

関学に続き東大も

そして、これは素晴らしいと聞きつけたのか、さすがは天下の東大(東京大学)。関学に続けと、本郷キャンパスの図書館を拡大工事して、「アカデミックコモンズ」を新設するそうです。良いものは良いと、変なプライドは捨てて(?)、他大学のコンセプトを素直に取り入れるなど、東大はアカデミズムへの純粋さという意味でもスゴい。

東京大学は教育と研究のための新たな拠点として、本郷キャンパス総合図書館を大幅に拡充する東京大学新図書館計画「アカデミック・コモンズ」を推進します。・・・
東京大学新図書館計画公式ウェブサイト、引用

少子化と政府の財政難で、大学も国公立・私立ともに“独立採算”の機運が非常に高まっています。昨今は各大学も知恵をしぼって、ネット時代・スマホ時代を生き抜くために、魅力あるキャンパス作りとコンテンツ作りにまい進しています。就職活動など厳しい側面ばかり強調されますが、今の学生さんは実はとても恵まれている環境下にいるのかもしれませんね。

※参考資料: 庭園付き和室も完備、関西学院大学の学び空間「アカデミックコモンズ」に潜入、TechTargetジャパン、教育IT、2014年09月18日

【リクナビ進学】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント

「リクルート」社会人・学生のための大学・大学院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください