子供に英語マスターさせる近道

英語ができる人1000人に聞いた、子供にマスターさせる近道

 

・・・効果があった勉強法についても、「英語のテレビ番組を見る」「教材での勉強」など、英語学習の王道が上位に並ぶ。「選択肢の勉強法は全部インプット型で、受け身の勉強法ですね。教材を使うとか、先生に教えてもらうとか。それでTOEIC750点は取れますが、それだけでは使える英語は身につきません」

一方で、フリーアンサーには「外国人の恋人を作る」「とにかくネイティブと話す」など、アウトプット型の回答も。・・・
プレジデントFamily、2013年4月号、小川剛氏

語学はアウトプットが重要

いや〜、このプレジデントFamilyの記事を見る限り、ビジネスパーソンのみなさんは、ご子息の英語教育にはやはり熱心ですね。内容的には、①オーソドックスな教育法が目立つのと、②幼児期~小学校の早期英語教育への関心が高い。記事では②はともかく、①のインプット型では不十分だと看破しています。そりゃ語学ですから、ご指摘の通りアウトプットが重要です。

つまり、①アウトプット型、でかつ、②早期の英語教育、が一番理想的なのかもしれません。「とにかくネイティブと話す」パターンです。そうなると身近な手段として、下記のような子供向けオンライン英会話が有効でしょう。

・リップルキッズパーク:子供オンライン英会話のリップルキッズパーク
・キッズアイランド:【注目情報】新登場!こども用オンライン英会話「キッズアイランド」

経験と実績のリップルキッズパーク

特にリップルキッズパークは、子供向けオンライン英会話ではまさに“老舗”でして、2011年頃から本格的にスタート。丸3年以上の経験値があります。「累積42万レッスン突破」の実績は伊達ではありません。

つまりこの世界、すなわち「子供向け」オンライン英会話となると、様々なノウハウが必要みたいです。各社競ってはいますが、街なかの「子供向け英会話スクール」とも、通常の「オンライン英会話」(大人向け)とも、また違うかなりのノウハウが必要です。物理的な教室という制約が無い分、幼い子どもたちをいかに飽きさせずにパソコンを介してレッスンを続けさせるか。そして、親御さんたちをいかに巻き込み、納得していただくか・・・。



そういった目に見えにくい経験値・ノウハウ等を考えると、リップルキッズパークはオススメです。ちなみに、結構、涙ぐましい企業努力をリップルキッズパークはされているようです()。いずれにせよ、子供向けオンライン英会話で、まだやわらか頭の子どもたちに、早期の「アウトプット型」の教育を施す意義は大きいと思われます。

※参考資料: リップルの歴史、リップルキッズパーク本社サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください