お・も・て・な・し

2020年に東京にオリンピックが来ます。滝川クリステルさんのスピーチで「お・も・て・な・し」が印象深いですね。その “おもてなし” に関連してですが、今年に入って日本に訪れる外国人がどっと増えています。昨年(2012年)にはおよそ月60~70万人だったのですが、2013年は3月あたりから月90~100万人という人数になっています。ざっと5割り増しです。

20131001nikkei
※日本経済新聞、2013年10月01日、引用

日本は安全・安心・魅力的。でも英語が・・・

日本は比較的治安もよく、衛生的にもきれいで、国民の教育水準も高めです。また、島国なので独自の文化・自然も豊富であると同時に、海外からの文化も多く取り入れています。人口・経済規模もそこそこ大きく、外国人にとって潜在的な魅力は高い。日本は「安全・安心」を筆頭に魅力ある国なのです。

ただ日本人は一般的に英語が苦手。これは言語体系が、英語と日本語では全く違うからです。しかし、そうも言っていられない。そこで近年、ネット塾系のオンライン英会話スクールがグーンと幅を利かせています。そこで、バイリンガール英会話のちかさんがおススメしているのが「DMM英会話」です。


ネットメディア大手DMMがオンライン英会話に

レンタルDVDで有名なネットメディア企業の大手DMMが、オンライン英会話にも力を入れ始めました。DMMは大手企業らしく若手の講師を多く採用しつつも、フィリピンの有名大学の卒業生や在校生を中心とした編成です。さらに、講師歴3年以上のベテランや日本語上級レベルの講師もいて、クオリティーは折り紙つき。また、講師の国籍も20カ国以上とバラエティーに富んでいます。

料金設定も良心的。1日1レッスン(25分)で月5900円、1日2レッスン(計50分)で月9800円、1日3レッスン(計75分)で月13900円と、手頃な料金設定です。毎回の授業内容を記録できるレッスンノートや授業で習った単語を登録できる単語帳など、復習ツールも充実しています。

また、ここが大手ならではなのですが、DMMの現地日本人スタッフが親身になって講師選びをサポートしてくれます。現地にいるので、講師のことも良く知っていて、学習者に合う講師を紹介してくれます。
【詳細はこちら】DMM英会話は、時間や場所に縛られずに自由にレッスンできます!

英語力アップで「お・も・て・な・し」もアップ

このように、DMM英会話などのオンライン英会話スクールなどで日本人の英語力・英会話力がぐっとアップすれば、訪日外国人にとっても、日本の魅力がより一層増してくるでしょう。言葉の壁がクリアーされれば、日本の「お・も・て・な・し」の良さも、もっと理解されるでしょう。

日本人にとっても願ったり適ったりです。ただ単に語学力が向上し、国民の教育水準が上がるだけでなく、訪日外国人は「お金」を落としてくれるのです。特に外国人観光客が落としてくれるお金は、日本経済を活性化させる起爆剤です。

少子高齢化で経済シュリンクしつつある民間経済に、1000兆円を超える多額の負債にあえぐ日本政府。8%そして10%消費税増税の日も近い。日本人だけで、すなわち仲間内だけで、消費経済が活性化されるハズもありません。無理です。

やはり、この日本経済「危機」の局面には、海外からのお客様を精一杯「お・も・て・な・し」することで、打開するしかありません。語学はコミュニケーションであり、コミュニケーションは経済と密接に関係しています。語学と経済は結びついているのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください