大学ミスマッチを解消

20130927_wbenessemanabi_oc
※写真: オープンキャンパスに行こう!、Benesse マナビジョン、リンク

オープンキャンパス花盛り

オープンキャンパスご存知ですか。普段は入れない、あるいは積極的に公開していない大学施設を、高校生やその保護者などに公開する大学主催のイベントです。20年ほど前から始まり、ここ10年ほどでは、非常に多くの大学が実施しています。少子化で大学側の学生集めPRの一環として始まりましたが、近年は学生と大学のミスマッチを防ぐため、お互いをよく知ろう・・・という機運が強いですね。

筆者は1984年に大学に入学したクチなので、まだ当時はオープンキャンパスという機会はなく、大学受験はただ単に①志望学部と②偏差値で機械的に受験していました。個人的にはミスマッチ感はなかったのですが、やはり友人に聞くと「こんなはずではなかった」みたいな話はちょっと耳にしました。そういった意味で、現在のオープンキャンパスという “制度” は、貴重で重要な機会ですね。

驚いたのは東京大学(東大)と並ぶ最高峰の京都大学(京大)でも、オープンキャンパスを開催しているのですね。びっくりしました。しかし、下記ビデオを見る限り、大変素晴らしい内容です。極端に言えば、もし京大に入れなくても、オープンキャンパスに参加するだけで、高校生にとって何かしら得るものはあると思う。


YouTubeで大学の雰囲気をつかむ

このビデオを見て思い出したのですが、今YouTubeでは非常に多くの大学の公式・非公式のビデオがアップされていますね。近くに志望の大学がない場合、YouTube等で大学の雰囲気をつかむだけでも良いと思う。無理してオープンキャンパスや任意の施設見学(東大は受け付けている)に出向かなくても、ビデオである程度は代用できる。

インターネット予備校(ネット塾)にインターネット動画(ビデオ)・・・、良い時代になったものです。

※参考資料:
Benesse マナビジョン、大学・短期大学の受験、進学情報、ベネッセコーポレーション
オープンキャンパス、Wikipedia、最終更新2013年07月15日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください