Listening and Mapping

先日、バイリンガール英会話(YouTube)を聞いていたら、「英語を聞く大事さ」を解説されていました。つまり、情報収集(インプット)の重要性です。赤ちゃんの語学の(?)場合、2年くらい「聞く」ことのみに専念するそうです。「音声」と「意味・事実」とを、脳内でマッピングするそうです。

ここから考えると、語学の場合、とにかく聞く。意味が分からなくても、まずは聞く。もちろん聞くだけでは、すぐ話せるわけではないのですが、とにかく聞くことから始める。十分に「音声」を聞いているうちに、徐々に「意味」とマッピングしていく。①にリスニング、②にマッピングだそうです。


語学以外にも使えるのかも

これはもしかしたら語学以外にも使えるのかもしれません。ネット塾(インターネット学習塾、オンライン予備校)系の動画教材なら、多くは無制限で繰り返し視聴できる。「Listening and Mapping」というか「Watching and Mapping」という、非常に単純な学習方法が、実は大切なのかもしれません。

ネット塾の動画教材で、100%理解できなくても、とりあえず視聴する。何回も視聴する。勉強の基礎固めの段階には有効かもしれません。これからの学校教育などで、語学に限らず、この手法が一般的になるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください