猫背に気をつけよう

20130331_nikkei
スマートフォン(スマホ)にパソコン、携帯型ゲーム機、女性のハイヒール・・・。現代の生活は姿勢が悪くなるものばかりで、普通に暮らしていても猫背になってしまう。「たかが猫背」と侮れない。肩こりや腰痛など様々な病気の原因となっている可能性もある。鏡を見て自分の姿勢をいま一度見直してみよう。・・・
※日本経済新聞、2013年03月31日、引用

ネット塾(インターネット学習塾・オンライン予備校)といえば、パソコンやタブレット、スマートフォン(スマホ)での学習です。しかし、これらデバイスを使っていると、知らず知らずのうちに姿勢が悪くなり、猫背になりやすい。この日経新聞の記事はそれを端的に説明しています(以下要約)。

● パソコンやスマホ等を使うと前かがみになりやすい。姿勢を正さないと、猫背のまま固まってしまう。

● 猫背は肩が前に来て胸が閉じた状態。呼吸が浅くなり、代謝機能が落ちる。酸素の摂取量が減り、運動能力が低下や脳などの活動に悪影響を及ぼす。また、背骨は自律神経などの通り道で、背中が丸いと神経が圧迫され、様々な体調不良を招く。片頭痛や内臓機能の低下などにつながる。

● 猫背を無くすには、①姿勢を良くする、②体幹の筋肉を鍛える等のほか、③猫背を直す体操もある。「キャットレッチ」と呼ばれる体操で、両手を腰の後ろに回して指を組み、ゆっくり背中を反らせる。
20130331_nikkei_2

虎ノ門カイロプラクティック院(東京・港)の碓田拓磨院長によれば、「猫背は丸まったポスターみたいなもので、裏側に丸め直せば元に戻る」(日経新聞)と、キャットレッチ体操の効果を訴えています。

       ※       ※       ※

筆者自身、かなり「猫背」気味です。しかし、この記事を読んで以来、できるだけ「裏側に丸め直せば元に戻る」を意識しています。背伸びをしたり、胸をそらしたり・・・。ただし、メタボなお腹が邪魔をして(?)、キャットレッチができないんだよね。トホホ・・・。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください