福田萌さん、学習塾に通わせたくない


・・・夫であるオリエンタルラジオの中田敦彦とともに生まれてくる子どもの教育について話をしていることを明かした。・・・3月に第一子を妊娠していることを発表した福田。・・・生まれてくる子どもの育て方については「学習塾には行かせたくないねって、旦那さんと話しているんです」と高学歴カップルからは意外な回答。

その理由を「親の期待に子どもが答えようとしてしまうと、それが子どもにとって抑圧になってしまうと思うんです。だから子どもが何に興味を持つか観察して、それを伸ばしてあげたいです。旦那さんがダンスがとても得意なので、そういう面が出るかもしれませんね」・・・
シネマトゥデイ芸能ニュース、2013年5月3日、引用

福田萌さんは横浜国立大学出身(経営学部)で、元ミス横浜国大。ご主人の中田敦彦さんは慶應義塾大学・経済学部ご出身。横浜国大経営学部は優秀な難関学部で偏差値57くらいですが、慶大経済学部に至っては偏差値66(!)。2013年現在のデータですので、多少のズレはあるとは思いますが、それにしても高学歴カップルです。

伸び伸び育てたい。そして、もうひとつの理由・・・

そのお二人に待望の二世誕生近しです。でも、学習塾には行かせたくない・・・とのこと。伸び伸び育てたいという意向です。それはそうですが、たぶん話されていないもうひとつの理由があると思う。

それは、基本的にご夫婦で “直接” 教育できる自信があるから。下手な学習塾に行かせるより、自分たちで直接教えたほうが良い、と思われているでしょう。

ネット塾の出番

しかし例えそうだとしても、教材は必要です。そこでネット塾(インターネット学習塾・オンライン予備校)の出番です。クラウド・スタイルが基本のネット塾であれば、常に更新された最新・最良の学習コンテンツが利用できます。いかに高学歴のカップルといえども、優れた教材がないと宝の持ち腐れです。優秀なご両親と教育の最新コンテンツ。この相乗効果は大きいと思う。
 
また、自分たちが優秀なことと、教えるのがうまいことは別です。“名選手名監督ならず” という格言もあります。それらを補い、教育に自信のあるカップルが適切に子育てしていくには、ネット塾はうってつけでしょう。

おすすめは「スマイルゼミ」や「城南マナビックス」

個人的には、たとえば小学生向けであれば、下記「スマイルゼミ」や「城南マナビックス」あたりがお勧めです。

◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ 【小学生向け通信教育】が誕生!
小中学生向けWEB学習教材【城南マナビックス】がおすすめ!

スマイルゼミは「タブレット」端末を十二分に活用しています。そこはさすが、株式会社ジャストシステムです。一太郎やATOKで一世を風靡したソフトウェア会社の老舗です。Webサイトも洗練されたものになっています。

また城南マナビックスは、システム開発に「イオマガジン」という援軍が控えています。城南進学研究社は株式会社イオマガジンの大株主で、つまりイオマガジンは城南の関連会社という位置づけです。
eラーニングジャパンに城南マナビックス参照。

シンプルな教材

双方ともeラーニングにおいて、しっかりしたバックグラウンドを持っています。その自信もあってか、教材が比較的シンプルです。スマイルゼミはタブレットにうまく集約していますし、城南マナビックスは教科書を軸にコンパクトな内容になっています。

「進研ゼミ小学講座」のように「楽しそうで多様な教材一式」をがっちり利用するのも良いですが、中田ご夫妻のように高学歴カップルでは、むしろちょっと物足りなくらいのシンプルな教材のほうが、教育上の自由度が確保できて良いかなぁ、と思います。

※参考資料:
大学偏差値ナビ、2013年版
中田敦彦、Wikipedia、最終更新2013年05月14日
福田萌、Wikipedia、最終更新2013年05月11日
ジャストシステム、Wikipedia、最終更新2013年04月28日
進研ゼミ小学講座、株式会社ベネッセコーポレーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください