仮面ライダー・ザ・ダイナー

20130505_diner
以前、仮面ライダーが授業?と題し、珍アイデアを投稿しましたが、5月5日の子供の日でもあってか、うわさの東京・池袋の「仮面ライダー・ザ・ダイナー」に行ってきました。

楽しい食事をヒーローと
・・・JR池袋駅西口近くの「仮面ライダー・ザ・ダイナー」(東京・豊島)は特撮番組「仮面ライダー」シリーズを題材にしたレストランだ。同シリーズの放映開始40周年に合わせてカラオケ店などを手掛けるニュートン(東京・新宿)が2011年4月に開業した。半年ごとに料理や内装を刷新し、来店客をより満足させるようにしている。休日は1日300~400人が店に来るが、8割近くが家族客だ。・・・
20130505_nikkei_0209
※日本経済新聞、2013年02月09日、夕刊

なかなか人気です。実際、電話で予約を入れてみると、昼間は満席とのこと。仕方なく19:30に予約がずれ込んでしまいました。子供連れで池袋西口19:30はちょっと遅い時間帯です。

さて、店に入るや受付の斜め前に「仮面ライダーブレイド」のバイクを置いてある。なかなか迫力がある。左を見るとクリア・ショーケースに「仮面ライダー旧1号と2号」が・・・。ファンやマニアにはたまらないですね。

料理もおいしい。値段は一品600円~1200円くらいで若干高いが、味はまぁまぁです。コンセプトが徹底されていて、料理もソコソコ悪くは無い。もちろん料理は仮面ライダー関連です。チャーハンを頼んだら、旗が立っていて、「倒さないように召し上がりください」と言われました。これ、「仮面ライダー電王」の劇中のノリだそうです。

最後に思ったのは、意外と若い女性が多い。「腐女子」とでも言うのでしょうか。オタク系の女性が多かった(?)気がしました。それはそれなりに健康的かつ華やかというか、まぁ独特の雰囲気です。

      ※      ※      ※

やはり個人的な見方として、仮面ライダーが持つ魅力は、「科学」というか理系と相性がいいと思う。「ザ・ダイナー」でチャーハンを食べながら、ひょっとしたら、仮面ライダーとネット塾(インターネット学習塾・オンライン予備校)とのコラボもありえるかな、と思いました。「ディズニーの英語システム」のようにね。

詳細はこちら >> ディズニーの英語システム無料サンプル

※参考資料: 腐女子、Wikipedia、最終更新2013年04月17日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください