スマホなら時間と場所を選ばない(2)

以前、「スマホなら時間と場所を選ばない」と題した記事を書いたのですが、ネット塾(インターネット学習塾・予備校)において中学生向けどころか、小学生向けも近い将来にどんどん出そうです。・・・というのも、現在、女児向けのおもちゃ(玩具)で「スマートフォン(スマホ)型玩具」が大人気だからです。

DSCN0632
※日本経済新聞、2013年01月25日、抜粋

スマホ型「おもちゃ」の主な特徴は、①タッチパネル、②好みの機能の追加などの拡張性、③メールなどの通信機能、の3点。

パネル操作は、さすがアタマの柔らかい子どもたちなので、習得が早い。拡張性があるので、ゲームや写真撮影で遊んだり、目覚まし時計代わりに使ったりと、便利で楽しいとのこと。通信機能があるので、メールのやりとりも夢中にさせるそうです。

いまや小学校にあがる前から、子供たち(とくに女の子)は「スマホ」に親しんでいる。子供たちにとって、もはや「スマホ」はカラダの一部(?)みたいなものになるでしょう。時代の流れは変えられません。

好むと好まざるとに関わらず、24時間365日スマホとともに人生を送る(かもしれない)子供たちに対し、「教育」も「スマホ対応」せざるを得ません。それも、おそらく小学生の段階から・・・。

期待と不安が交錯する大変な時代になりつつあるのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください