マシュマロは我慢すべき?

a0002_000795
※写真: 写真素材 足成【フリーフォト、無料写真素材サイト】より引用

健康診断を受けていない人の割合も低所得者ほど高く、男性では600万円以上は16.1%なのに対し、200万円未満で42.9%に上った。女性では600万円以上は30.7%なのに対し、200万円未満で40.8%に上った。

1日の歩数も所得が多いほど増える傾向があり、男性では600万円以上は7,592歩なのに対し、200万円未満では6,263歩だった。女性では600万円以上は6,662歩なのに対し、200万円未満で6,120歩だった。

喫煙者の割合も同様で、男性では600万円以上は29.2% なのに対し、200万円未満で35.4%に上った。女性では600万円以上は5.6%なのに対し、200万円未満で15.3%で、3倍近い差が出た。・・・
【国民健康・栄養調査】 所得が低い人ほど健診を受けず不健康、日本生活習慣病予防協会、2015年12月14日

低所得者ほど「健診」を受けず、歩かず、タバコを吸う・・・

マシュマロ実験」というのをご存知でしょうか。幼稚園児が目の前の「マシュマロ」を我慢するかしないかで、その後の人生が大きく変わってくるという、社会心理学的な有名な実験です。要は「自制心」がいかにその子の将来に重要か、ということ指し示しています。

「健康診断(健診)」を定期的に受ければ、早期発見・早期治療につながり、生活習慣も見直すきっかけになり、健康につながる。人間にとって「歩く」ことは基本的な行動であり、ウォーキングは無理のないエクササイズとしても評価され、もちろん健康にもつながる。タバコを吸うことは、発がん性の問題のみならず、呼吸器系や循環器系など人体への悪影響は大きい。「禁煙」は当然ながら健康につながる。

自制心の重要性

しかしながら、健診もウォーキングも禁煙も、コンスタントに実行するにはある程度の「自制心」が必要です。自制心=セルフコントロールを高めることで、その人は健康に保たれ、すなわち「人的資本」は拡充する。これが “将来的価値” を増大させる。経済学的に言えば「割引現在価値」が高まる。

「ローマは一日にして成らず」と言いますが、あのイチロー選手も一日にして成らず、です。自制心を切らさず、効果的な練習を質量ともに欠かさないことが、将来にわたって活躍する素地を作るわけです。・・・とまぁ、説教じみた記事を書いてみたのですが、パソコンの後ろからうちの奥様がみていて、「デブなあんたにこんなこと言われても、何の説得力もない」とノタマワれてしまいました。ハハハ・・・(汗)。

「ネット塾」なら自制心が身につく?

それはさておき、ネット塾などのオンライン教材やインターネット講義は、安価で使い勝手がよく、ネットさえ接続していれば「いつでもどこでも」勉強できます。学習成果や能力レベル、はてはモチベーションなどもチェックしてくれるケースも有ります。たとえば、受験サプリではログインすると、進路指導課のキレイなお姉さん「ナカムラさん」(独身?)が出てきて、イロイロとうれしいことをつぶやいてくれます。


※画像: 受験サプリより引用、2016年02月23日

思わずニコッとして、多少なりとも頑張っちゃいますよね。くだらないなぁと思いつつも、ちょっとしたモチベーションアップが受験サプリはうまいのです。しかし、受験サプリで学習をするにしても、最後は「自制心」がものをいいます。セルフコントロール、さらにセルフコンフィデンス(自信)も重要でしょう。

自ら学ぶ経験と習慣

正直に言えば勉強する上で、自制心の少ない人はリアルな予備校などの「学校」に通ったほうが良いと思う。強制的に勉強せざるを得ないからです。しかし、多少なりとも自制心に自信(!)があるみなさんは、むしろその自制心をさらに磨くべく、あえて「ネット塾」系で勉強する道を選んだほうがいい。そうすることで他人に強制させられず、自ら学ぶ経験と習慣が身につくからです。

ネット塾系で自制心を高め、それが将来に自分自身の「価値」を高める。結果として例えば一流と言われる大学に入らなくてもいいわけです。強制されて勉強して “一流大学” のブランドを身につけても、来るべきビッグデータ・人工知能時代にはそんなメッキは剥がれる。

それよりも仮に “三流大学” 卒業となったとしても、受験勉強や入学後の勉強の過程で「自制心」を強力にゲットすることができれば、それは大きな価値になる。間違いなくそう思います。スティーブ・ジョブスはリード大学を中退したものの、同大学のカリグラフィーの授業をかってに聴講し、自ら学ぶことで、将来の世界を変えたのです。

※参考資料:
マシュマロ実験、Wikipedia、最終更新2016年01月12日
Stanford marshmallow experiment、Wikipedia、最終更新2016年01月15日
割引現在価値、Wikipedia、最終更新2015年12月27日
人工知能に負けない脳、茂木健一郎(著)、日本実業出版社、2015年
スティーブ・ジョブズ、Wikipedia、最終更新2016年02月17日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.