小中学生向け「勉強サプリ」登場

リクルートマーケティングパートナーズは3月2日に、小学4年生から中学3年生までを対象にしたオンライン教育サービス「勉強サプリ」の提供を開始した。月額980円(税別)で1500時間の授業動画を閲覧できるほか、ドリルでポイントを獲得できるゲーム的な要素や、ビッグデータを生かして苦手箇所を分析し、復習できる仕組みを取り入れている。・・・

テストの復習や間違いの分析には、ビッグデータを生かす。過去解答のログから苦手問題を出題、回答の傾向を分析して習熟につなげたい考えだ。開発に協力している東京大学大学院の松尾豊准教授は「合格する人に共通して見られる生活規則や、時期によって力を入れている学習内容を分析するなど、大きな可能性が出てくる」と話した。・・・

月額980円:リクルートが小中学生向けの「勉強アプリ」を提供――その特徴は?、Business Media 誠、2015年03月03日、引用

リクルートマーケティングパートナーズが「受験サプリ」に続き、小中学生向けに「勉強サプリ」という新Webサービスを始めました。例によって月額980円(税別)というリーズナブルな価格です。内容も授業動画だけでなく、ドリル教材でポイントが貯まるなど、ゲーム的要素をふんだんに取り入れています。小中学生が対象ですからね。

アオイゼミで勉強!受験ならアオイゼミ

そして、やはり大手の大会社は違います。ビッグデータ分析を取り入れて、科学的に児童・生徒の苦手問題の克服に一役立とうと考えています。オンライン学習塾アオイゼミなども、ネットを通じての子どもたちとのコミュニケーションで、モチベーションのアップや苦手克服に真摯に取り組んでいます。しかし、さすがにビッグデータ解析とまではいかないでしょう。そういう大掛かりなデータ解析を行うとなると、大企業は俄然有利になります。

サプリコレクション?

リクルートマーケティングパートナーズは「サプリコレクション」と称し、“受験サプリ”、“勉強サプリ”、“料理サプリ”、“資格サプリ”、“英会話サプリ”とラインナップを増やしています。面白いことに、どちらも基本的には“動画”をメインに展開しています。まさにスマホ(スマートフォン)時代のサービスです。そう、全て「ネット塾」系とも言えます。

例えば、下記は“料理サプリ”の「たことじゃがいものおつまみホットサラダ」の動画です。タコ好き、オリーブオイル好きのオイラとしては、たまりません! たこ焼きよりカンタンに作れそうだし、さらに美味しそう! 夏場はビールが進みそうです。


「受験サプリ」に端を発した「サプリコレクション」たち。いわゆるネット塾系サービスの風雲児というか、王道を行く勢いです。学校教育系に関しても、この3月2日(2015年)に「勉強サプリ」がリリースされ、小学生から高校生(大学受験生)までカバーするようになりました。

動画を軸にした分かりやすいWeb教育系サービスで、ますます注目度が集まるリクルート社(リクルートマーケティングパートナーズ)。もともと改革スピリットというかベンチャー精神というか、時代の先を行く果敢な社風の企業です。今後共その動向に目が離せませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください