受験サプリ、申し込みました


※写真: 肘井 学(@hijiigaku)さん、Twitter、引用

「受験サプリ」、申し込みました。まず、メルアドを登録し、e-mailでの認証をクリックするだけで、「無料」登録はOK。さらに「有料」登録も可能です。まぁ、有料といっても月々980円(税抜き)ですから、こちらもちょっとした勇気でカンタンに申込みできます。

<受験サプリ>講義動画で苦手を克服!今なら1カ月お試し無料!

基本的にはクレジットカード支払いなんですが、携帯電話料金に加える方法やコンビニ支払い(こちらは年間払い)も可能です。リクルートさん(リクルートマーケティングパートナーズ)のことですから、このあたりの一連の入会申し込み手続き(会員登録)は、今後もどんどん改善されるでしょう。今回でもかなり手続きしやすく、スムーズな印象でした。

講義動画はなかなかキレイ

実際使ってみると、「講義動画」はなかなかキレイです。動画そのものがスムーズなだけでなく、操作性もスムーズです。さすがリクルートです。以前はやや重かった(個々のPC側の処理能力にもよるのですが・・・)という声もあったので、サーバー側のシステム上でもかなり改善を進めているのでしょう。受験サプリの第一印象は「スムーズ」ですね。

内容的にも、まずは「高1 スタンダードレベル英語」を受講(視聴)してみたのですが、勉強そのものの前に「オリエンテーション」があります。勉強への心構えとか、基本的なノウハウとか、担当の肘井学(@hijiigaku)先生が噛んで含めるように説明されます。押し付けがましくもなく、かといってクール過ぎるわけでもなく、ご自分の考えを淡々と語ってくれます。受験生に対してだけでなく、社会人のプレゼンのサンプルとしても、とても参考になるかもしれません。

Screenshot 2015-02-12 at 10.30.48
※写真: 「高1 スタンダードレベル英語」、受験サプリ、英語講師・肘井学先生、引用

上記の写真を見ても分かる通り、黒板を使っています。「e点ネット塾」などでは電子黒板を使っていましたし、「とある男が授業をしてみた」ではホワイトボードでしたが、こちらは「秀英iD予備校」と同じく「黒板」です。やはり、現役の“カリスマ”予備校講師の方々は、普段使い慣れている黒板が良いのでしょうかね。とにかく見ている私アラフィフおやじも、学生時代を思い出して、ちょっと懐かしく楽しい気分になりました。

YouTubeにサンプルも

実際の講義動画の感じは、YouTubeに公開されている下記サンプル(関正生先生)で掴んでいただけるでしょう。


こんな完成度の高い講義を、いつでもどこでも(誰とでも?)スマホやタブレットやPCで視聴できるとなると、これは非常に便利です。下記コマーシャルメッセージも、あながちジョークと笑い飛ばすばかりではありません。かなり現実的なCMのような気もします。


ネット塾やeラーニングあるいは“EdTech”と呼ばれるサービスは、これからもたくさん提供されるでしょうが、「受験サプリ」は少なくても国内の大学受験の教材市場に関してはデファクトスタンダード的なポジションになりうると思う。リクルートの創業者でもあり、日本の起業家の父とも評される故・江副浩正さんも、天国でご満悦かもしれません(?)。


※参考資料:
受験サプリについてです 受験サプリを夏休みに・・・、Yahoo!知恵袋、2013年07月14日
肘井 学(@hijiigaku)さん、Twitter
受験サプリ 肘井学ブログ 「最高に成績の上がる英語の授業を」
2013年はEdTechの年!日本・海外のIT×教育系サービス総まとめ、GREAT GEEKS、ITmedia オルタナティブ・ブログ、2013年12月02日
江副浩正、Wikipedia、最終更新2015年02月10日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください