都市伝説的な歴史の授業も必要?


坂本龍馬、Wikipedia、最終更新2014年08月31日、引用

坂本龍馬は暗殺されていなかった!?

慶応3年11月15日、京都・近江屋で坂本龍馬と中岡慎太郎と密会中、突然、何者かが部屋に侵入した。坂本龍馬は額や体を数カ所斬られ死亡。一緒にいた中岡慎太郎も、後頭部 両手足を斬られ、3日後に息をひきとったと言われている。・・・

・・・龍馬暗殺計画がもちあがります。その暗殺計画の噂を聞いた伊藤博文が、坂本龍馬を助けねば!ということで、板垣退助に助けを求め、グラバー邸の屋根裏部屋で密会。グラバーが軍資金を出して、薩摩の藩士を京都に送るのですが、実際に、そこで暗殺されたのは、龍馬の影武者で、本物は岩倉具視にかくまわれて、グラバーを通してスコットランドに渡ったと言われています。・・・

話してSukatto(スカッと)!!、2011年09月01日、引用

坂本龍馬スコットランド逃亡説

この話、実はある程度の信ぴょう性があり、次の2つの状況から推察される。

① 坂本龍馬が紙幣の肖像画にならないのは、本人の写真が存在せず、影武者の写真しかないから。“天馬伝説”の聖徳太子の紙幣肖像画は、実は坂本龍馬に見立てていた。
② 明治4年にグラバーの手引きで岩倉使節団(岩倉具視、伊藤博文ら)がスコットランドに行ったが、その目的の一つは、坂本龍馬に会うことだった。

スコットランドに裏付けとなる資料があれば、この話は都市伝説から歴史的事実に格上げされます。が、残念ながら(?)そうはなっていない。もし坂本龍馬が暗殺回避で逃げ回っていた(!)のなら、証拠もなかなか残さないでしょう。“坂本龍馬スコットランド逃亡説”は永遠に日の目を見ないかもしれません。

臨場感たっぷりの受験サプリ「世界史」

大学受験等で「歴史」を勉強するにあたり、こんな面白いウラ話がたくさんあれば、勉強はもっと楽しいでしょうね。例えば、受験サプリの「世界史」は臨場感たっぷりの講義と評価が高く、担当の村山秀太郎先生はなんと「ベルリンの壁崩壊」「ソ連8月クーデター」など“現代世界史の現場”をリアルに体験してきたそうです。


※イラスト:<受験サプリ>受験生必見!センター試験過去問、入試プランなど全て無料 > 機能 > 講義動画 > 講師紹介、引用

もはや予備校の先生というより、まるで“国際ジャーナリスト”ですね。落合信彦か池上彰か・・・といった感じです。ただし、「世界史に笑いは不要」が村山先生のモットーなので、そこは覚悟して聴講してください。良い意味で、硬いというかハードな講義の部類に入るでしょう。

The☆WorkShop赤羽校、世界史・村山秀太郎先生、2014年01月08日

shueibbsDJ、世界史・村山秀太郎先生、2010年06月09日

村山先生の“ネット講義”では、変わったところで大学生になってから受講しているケースも有ります。早稲田大学に合格したある学生の場合、将来的に高校の歴史教師を目指す理由から、あえて歴史の基礎知識を習得する目的で「受験サプリ」を受講しているそうです。

・・・私は大学に入ってから受験サプリの世界史を取りはじめました。高校の歴史の教師を目指していることもあって、そのために世界史の基礎知識を固めておきたいと思って今でも村山先生の授業を受けています。話そのものが面白いので、勉強と言うより楽しみながら見られるところが気に入ってますね。

<受験サプリ>受験生必見!センター試験過去問、入試プランなど全て無料 > 合格実績 > 合格体験インタビュー2014 > 早稲田大学 森大輔さん、引用

受験サプリの村山「世界史」を魅力もさることながら、「オンライン予備校」(=ネット塾)の大きな“可能性”も感じる事例ですね。スマホ(スマートフォン)やタブレットでいつでもどこでも学習できる利便性に、クオリティーの高いコンテンツが加われば、「勉強」が「楽しみ」に変わるわけです。

<受験サプリ>受験生必見!センター試験過去問、入試プランなど全て無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください