ベネッセ個人情報漏えい


※画像: ベネッセホールディングスのロゴマークデザイン、企業・ブランドのロゴデザイン、2014会社ロゴ、株式会社OPTVOLUME、引用

ベネッセ流出情報:ジャストシステムが利用

通信教育大手ベネッセホールディングス(岡山市)の顧客情報が大量に漏えいした問題で、通信教育事業を手掛けるソフトウエア会社「ジャストシステム」(徳島市)が、流出情報を利用してダイレクトメールを発送していたことが10日、複数の関係者への取材で分かった。ベネッセの顧客情報と知らずに東京都福生市の業者から名簿を購入したとみられる。・・・

ベネッセは9日、顧客の子どもの氏名や住所など約760万件の情報が流出したと発表した。流出は最大で約2070万件に上る可能性があるとしており、相談を受けた警視庁が不正競争防止法違反容疑で捜査している。
毎日新聞、2014年07月10日、引用

なんか大騒ぎになっています。史上空前規模といわれ、昨日(2014年7月9日)発表があったベネッセの顧客情報漏えい問題です。今回の個人情報漏えいは、確定した約760万件のほかに、全部で約2070万件に膨れ上がる可能性もあります。

「宝の山」顧客情報

塾・予備校・通信教育関連(ネット塾・オンライン予備校等も含む)では、子どもたち周辺の個人情報はマーケティング上、非常に重要です。一部業界関係者の間では、顧客情報は「宝の山」とも言われています。今回そのお宝情報をめぐる流れは、ベネッセ→名簿業者→ジャストシステムとなっているらしい。

ベネッセ(ベネッセホールディングス)、ジャストシステム、どちらも資本金100億円以上の東証1部上場企業です。“ネット塾”業界の両雄といってもいい。ベネッセ=進研ゼミ、ジャストシステム=スマイルゼミなので、わかりやすく言えば、“進研ゼミvs.スマイルゼミ”の産業スパイ事件みたいになってきました。さしずめ、“ゼミ・ゼミ戦争”とでもいいましょうか・・・。

【進研ゼミ中学講座】入会はこちら
◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育

企業間競争のあだ花か

熾烈な企業間競争のあだ花みたいな今回の事件。貴重な「お宝」顧客情報を約2000万件(?)もゲットした「スマイルゼミ」側は一見、笑いが止まらないようにみえます。しかし、「ベネッセ」側から見れば大量の顧客情報・個人情報が盗まれた(に等しい)わけで、しまじろうとその仲間たち(ベネッセ社と約2000万件の顧客たち)の戸惑い・怒りは察して知るべしです。

結局、個人情報を漏らしてしまったベネッセはむろんのこと、個人情報を「購入」したジャストシステムも、結果として相当な企業イメージの毀損(ダメージ)をこうむるでしょう。その証拠に、さっそくジャストシステム株が下落(暴落?)しています。7月10日14:21時点で、前日比マイナス150円の835円で取引されています(東京株式市場、証券コード4686)。

民間業者といえども、やっぱり子どもの教育関係者が、産業スパイもどきのことをやっていてはまずい。ベネッセホールディングスの原田泳幸社長兼会長は潔く(?)記者会見を行いましたが、ジャストシステムの福良伴昭社長も早めに記者会見をし、謝るべきは謝り、説明責任を果たし、キッチリ再スタートすべきだと思います。

※参考資料:
「宝の山」顧客情報が標的に ベネッセ情報漏洩、日本経済新聞、2014年07月10日
【続報】対象者は4000万人超か、ベネッセ個人情報漏えいの調査経緯、ITpro、日経コンピュータ、2014年07月09日
ベネッセコーポレーションにおける個人情報漏えいに関するお知らせとお詫び(お問い合わせ窓口のご案内)、ベネッセホールディングス、2014年07月09日
ベネッセコーポレーション、Wikipedia、最終更新2014年07月09日
進研ゼミ、Wikipedia、最終更新2014年06月18日
しましまとらのしまじろう、Wikipedia、最終更新2014年07月09日
ジャストシステム、Wikipedia、最終更新2014年07月10日
福良伴昭、Wikipedia、最終更新2012年02月18日
日本語ワープロの老舗は顧客のニーズに応え業容を拡大。多彩なソリューションを提供中--ジャストシステム社長 福良 伴昭、経済界、2014年06月11日
ジャストシステム株がストップ安、ベネッセの情報流用か、Reuters、2014年07月10日

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください