関正生先生はスゴイ(2)

先日、関正生先生のビデオ(DVD)を見ていたら、単純ながら実に面白いことを言っていました。まぁ、カリスマ講師ですから、言うコトすべて有用な内容なのですが、中でも下記内容は特筆すべきです。

テレビやDVD映画を見る時など、遊んだりくつろいだりする時は、ジュータンの部屋にソファーに寝転がりながら、美味しいものを食べながら楽しく過ごしているのに、勉強するときは、殺風景な勉強部屋や図書館・自習室で、自己を殺しながら禁欲的に頑張る。

これって反対じゃないか。そもそも「勉強」自体は辛く、続けるのが厳しいので、せめてその環境は楽しくくつろげる方がいい。勉強・学習を継続するためにも。

これは、あくまで私の意訳(?)ですが、関先生の “主旨” は上記だと思う。つまり、「遊び」は楽しいので、多少つらい環境でもいい。でも、「勉強」はつらいので、楽しくリラックスできる環境であるべきだ。そうでもしないと続かない。そういった主旨です。

世界一わかりやすい英語の授業2 [DVD] >> この中の『世界一わかりやすい英語の勉強法』[DVD]より

なるほど。秀英iD予備校などのネット塾は、勉強しやすいといっても、続けるにはそれなりの忍耐と頑張りが必要。勉強するときは、できるだけ「楽しい」雰囲気と環境にするのが、続けるコツですね。それが継続につながり、「継続は力なり」になるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください