どこでも英会話

20130508_nikkei
スマホやタブレット活用 料金も「勉強」

教室や自宅以外で英会話を学ぶ人が増えている。オンラインの学習が普及したことで、スマートフォン(スマホ)やタブレット(多機能携帯端末)を使って、出張中のホテルや喫茶店などでも学習できるようになったためだ。オンラインサービスは割安なため、通常のレッスンに比較的安価なコースも出てきた。・・・

2007年にオンライン英会話に参入したレアジョブ(東京・渋谷)は現在会員数が約15万人と前年比5割増えた。・・・ベルリッツ・ジャパン(東京・港)は世界の教師とオンラインで24時間話せる新サービスを年内にも始める。・・・

※日本経済新聞、2013年05月08日、引用
※レアジョブの詳細はこちら >> オンライン英会話レアジョブ
※ベルリッツ・ジャパンの詳細はこちら >> ベルリッツのオンライン英会話

日本人の英語熱の高まり

みなさん、英語・英会話には前向きに取り組んでいますね。日経新聞の記事に、英会話のネット塾(オンライン英会話講座)を受講する例がありましたので、①目的・キッカケと②活用スタイルをそれぞれ見てみたいと思います。

● 東京都目黒区の男性会社員(29): ①キャリアアップのため海外大学へ留学を決意。TOEFL対策で、オンライン英会話講座を受講。②自宅ではパソコン、外出先ではiPad。昼休みには会社の空き部屋を使って勉強。

● 千葉県市川市の男性会社員(38): ①英語で海外企業と取引する部署へ異動。②異動後、3ヵ月後にはオンライン受講開始。出張先ホテルでもスマートフォン(スマホ)学習。

● 東京都台東区の小学生(9): ①「将来のための英語の重要性」を説く母親の薦め。②iPadで受講を始めた。自宅のほか、ファーストフード店や家族運転の車の中でも勉強。

頑張ってますねぇ。すごい。日本の英語熱はかつてない盛り上がりを見せています。みなさん、“本気モード” なんですよね。

そうそう。最近感じたのは、NHK Eテレの「えいごであそぼ」です。若干レベルが上がったというか、参加する一般の子供たちのレベルが上がり、番組も全体的に少し洗練された感じです。ここにも日本人の英語学習熱の高まりが感じられます。

NHK教育「えいごであそぼ」の幼児英語教材旺文社えいごであそぼプラネット!」もあります。ただし現在、番組自体のリニューアルに伴い、新キャラクターや商品のリニューアルで、サイトメンテナンス中です。2013年05月30日よりWeb申し込みできる予定です。

“どこでも英会話” 現象

この “どこでも英会話” 現象(?)には3つのポイントがあります。

● どこでも英会話①~スマホ、タブレット: ご存知のとおり、パソコン並みの高機能なスマホやタブレットが普及し始めています。持ち運びに便利で、どこでも手軽に使えるスマホやタブレット。英会話レッスンにキーボートはあまり関係ないので、まさにうってつけデバイスです。

● どこでも英会話②~スカイプ: 無料インターネット電話のスカイプ(Skype)の威力が大きい。スカイプ間でありば、音声だけでなく、ビデオ通話も無料です。しかも世界中どこでもOK。グローバル間に “テレビ電話” が無料だなんて、アラフィフ(48歳)の私には信じられません。

● どこでも英会話③~割安な受講料: オンライン英会話講座は月額5,000円程度からです。実はこの低価格であおりを食らっているのが、既存の英会話学校。安くて使い勝手のいいオンライン英会話に “顧客” をとられ、2007年には1万円前後だった相場が下落。今では月額4,000円(週1回50分)前後の講座もあるそうです。受講する身からすると、英会話レッスンはどこでも5,000円前後から、というのはウレシイね。

“どこでも英会話” 現象は、そのまま “どこでもネット塾” に当てはまります。ただ、英会話学習の範囲は子供から大人まで、という広い範囲です。ですから、英会話のオンライン学習が、中高生対象のネット塾以上に、速いペースで広く普及するでしょう。

※参考資料:
・日本経済新聞、2013年05月08日
えいごであそぼ、キッズワールド NHK Eテレ
Skypeとは? オンラインビデオ通話、インスタントメッセージ、モバイルチャット、Skype(Microsoft Skype)
Skypeヘルプ – Skypeで海外に通話を発信できますか?、Skype(Microsoft Skype)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください