対決?e点ネット塾vs.秀英iD予備校

20130408_webjuku

e点ネット塾と秀英iD予備校ですが、中学生向けのネット塾(インターネット学習塾・オンライン予備校)において双璧と言えます。そこでこの横綱対決(?)を考えてみたいと思います。

どちらも映像授業

双方とも映像配信型(映像授業)のネット塾です。YouTubeを見るように、インターネットで授業(講義)を視聴します。したがって、勉強方法も至ってシンプル。「授業」を視聴して一通り理解する。「問題」を解いて身に付ける。基本的にはこれだけです。

講師はe点ネット塾の場合、有名予備校や学習塾で実績のある先生たちです。秀英iD予備校の場合、母体の秀英予備校から選抜された優秀な先生方です。

e点ネット塾の先生方は各々の予備校・学習塾で活躍されたプロ教師という感じが強く、個性的な印象です。対する秀英iD予備校は、秀英予備校の正社員の講師で、教授法なども基本に忠実で、オーソドックスな印象です。講師個人の能力と努力だけの頼らず、(株)秀英予備校全体で講師をサポートしているようです。

e点ネット塾でも優れた先生は非常に多いのですが、それ以上に秀英iD予備校講師陣の全体的レベルは高いと思います。



ただし動画の状況では、e点ネット塾は電子黒板を使い、文字は “活字” が基本です。これに対して、秀英iD予備校は普通の黒板で、講師が “手書き” で書きます。画面の見やすさという点では、e点ネット塾のほうが一日の長があります。生徒さんによっては、手書きの方が覚えやすい・・・というケースもあるので、一概には言えませんが・・・。

いずれにせよ双方とも、カリキュラムを順番に受講するのも良し、予習・復習用にピックアップしながら受講するのもOKです。あるいは、テスト前に出題範囲を重点的に学習するのもありでしょう。このように自由に「映像授業」を活用することができます。なお双方とも学習レベルは教科書レベルを基本に置いています。

サブ教材

サブ教材(補助教材・テキスト類)においては、e点ネット塾では「セルフノート」、「問題集」等があります。すべてPDFなど電子的に提供され、一応ネット上で完結できる形になっていますが、実際にはプリントアウトして使います。セルフノートは講義内容と同じもので、空いたスペースを埋めていくことでノートの代わりになります。問題集には “解答” も共に印刷されるそうで、一問一答形式での活用も可能でしょう。効率的に学習できます。

秀英iD予備校の場合、オーソドックスな問題集(テキスト)等が宅配便・郵便で送られてきます。一見とてもシンプルな問題集ですが、長年の秀英予備校の教育ノウハウが詰まっていると思われます。動画コードがページに印字されていますので、ネットとの相性もバッチリです。空きスペースも多いので、やはりノート代わりにも使えます。

おそらく内容的には秀英iD予備校に若干軍配が上がると思います。しかしながらe点ネット塾の場合、必要に応じて画面で見るなり印刷するなり、非常に機動的に利用できます。

サポート体制その他

サポート体制はe点ネット塾も秀英iD予備校も同様です。専任の担当スタッフがメールやFAX等でサポートします。とくに秀英iD予備校の場合、授業関連に関して講師(教師)が直接、質問に答えるのが基本になっています。

また、e点ネット塾も秀英iD予備校も、ユーザーIDとパスワードで管理されます。発行されるIDは一つですが、実質的に複数の兄弟姉妹でも利用もできます。ただし、学習履歴や学習契約、プロファイル等はID単位での管理なので、あくまで履歴などは一つになってしまいますが・・・。

価格

価格は、e点ネット塾の場合、中学生コース月額3,000円(キャンペーン価格)と低価格設定になっています。

秀英iD予備校の場合、価格は複雑です。例えば中2~3では、スタンダードコース(英語・数学、月額6,800円)、理社強化コース(理科・社会、月額5,600円)、総合実力アップコース(英語・数学・理科・社会、月額9,100円)と分かれています(年一回の教材費は別)。ただし全てのコースに定期テスト対策講座(英数理社国の5教科)が付いています。

詳細はこちら >> 秀英iD予備校

もちろん、双方ともボリュームディスカウントはあります。一括で支払えば、割引料金になります。

       ※       ※       ※

一言で言えば、やはり価格が高いので、その分、秀英iD予備校の方が、より「丁寧」な感じです。また、全体的に秀英iD予備校のほうが、既存の「学校」や「予備校・学習塾」に近い印象です。というのも、そもそも秀英iD予備校の映像授業は、従来の秀英予備校の生徒が授業を休んだ際、補助的にみる動画ビデオでした。それが後年、インターネット配信を通じて、今の独立した「秀英iD予備校」へと進化しました。

それに対し、e点ネット塾は「インターネット自宅学習システム」と銘打っているように、最初からインターネットに最適化された学習塾です。電子黒板に、PDF問題集など、ほとんどネットで完結しています。とてもクールなネット塾(インターネット学習塾・オンライン予備校)だといえます。

私見ですが、ごく普通の中学生には「秀英iD予備校」が、ややクールで個性派の生徒さんには「e点ネット塾」が適切なのかなぁ・・・と思います。ただ、実際には少しでも体験しないと、個々人との相性もあり、判断は難しい。まずは無料体験をお勧めします。

e点ネット塾 >> 無料体験はこちら
秀英iD予備校 >> 無料体験はこちらから

※参考資料:
インターネット自宅学習システム「e点ネット塾」、株式会社日本学術講師会
秀英iD予備校 自宅学習コース、株式会社秀英予備校
eco検定らくらく要点暗記&一問一答問題集、高島徹治・著、2010年



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください