学校支援「スクールパレット」

※写真:MSと東京書籍、教育のデジタル化で協業、CNET Japan、抜粋・リンク

ITmediaニュース等によれば、東京書籍株式会社(本社:東京都北区)と日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区)は、2013年03月29日に、小学校から高校にかけて教育現場におけるIT利用推進に関して協業していくことを発表しました。具体的には、Windows8やクラウドサービスを利用した教育ソリューションを、全国の自治体、教育委員会、各種の教育機関へ提案していきます。

Windows 8ストアで無償公開

まず手始めに2013年07月、東京書籍はマイクロソフト(MS)と連携して、Windows8用学校生活支援アプリ「スクールパレット」を、Windowsストアで “無償公開” していきます。スクールパレットは、子供向けには時間割、電子教科書などを、教員向けには校務支援機能などを提供していきます。コンテンツは、東京書籍の電子教科書だけでなく、他社の電子教科書なども含みます。

現在のところ、和歌山市教育委員会でのスクールパレット試験導入が決まっています。

MSのクラウドで管理

技術的には、MSのクラウドサービス「Windows Azure」を利用して、各種情報・データを管理していきます。MSはコンテンツのデジタル化やクラウドでの配信、アプリ開発などの技術支援を手がけることになっています。MSは自社で用意する “教育ソリューション向けコンセプトルーム” 等を通じ、スクールパレットを活用したソリューションを提案し、全国の教育機関等に働きかけていくとしています。

※参考資料:
東京書籍とマイクロソフトが協業 教育ソリューションを拡販へ、ITmediaニュース、2013年03月29日
MSと東京書籍、教育のデジタル化で協業–学校生活支援アプリを無料で、CNET Japan、2013年03月29日
東京書籍とマイクロソフト、教育ICTで協業…学校生活支援アプリを無償提供、Ameba News、2013年03月29日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください