今を知るには高校講座?


NHK 高校講座 良いです – 英語専門塾オフィスK、2017年04月09日、引用

私事で恐縮ですが、最近、私の父が弱い80歳代に突入し、さすがに記憶力も弱まり、また近年のIT事情などには全くついていけなくなっております。当然と言えば当然なのですが、しかしながら、「近年のIT事情」といっても昨日の今日の話ではありません。いくら高齢者とはいえ、どうしてそこまでITに疎いのか・・・という疑問もあります。

スマホやタブレットはもとより、パソコンも全くダメ。それはキーボードのアレルギーもあるので止むを得ませんが、新聞に出てくるIT関連記事も相当に受け付けません。理解できないみたいです。いちいち「これはどういうことなんだ?」と聞かれます。

インターネットなんて、1998年あたりから本格的に日常生活に入ってきたわけで、もうすでに20年の歴史がある。少しは勉強してくれよ、と思ってしまいます。20年間、何をしていたのか・・・とどうしても感じてしまうのです。自分の親だから、見方も厳しくなりがちだよね。

「時代」を理解する素養

まぁそれはともかく、人間は動物だから年齢を経れば、当たり前ですが、物事を吸収する能力は減退します。その時代、その時代の潮流には乗り遅れます。それは仕方がない。しかしある程度、基本知識というか常識の範囲内で「その時代の潮流」を理解する素養は身につけたい。

その一つのノウハウにEテレの「NHK高校講座」の視聴を提案したい。なんせ高校講座なので、広く公平に教養が詰まっているし、今は可能な限り最新情報も含んだコンテンツになっている。番組編成も5分から20分の集中しやすい時間で作られ、理解が進み、飽きないよう芸能人を多用し、わかりやすく面白い演出が目白押し。

とくにワタクシ「アラフィフのおじさん」が思ったのは、「家庭総合」と「社会と情報」です。この2つは是非、社会人にも見ていただきたい。日常生活のベーシックな知識に一役買うと思うからです。


とにかくEテレの「NHK高校講座」は、高校生だけでなく、社会人とりわけお年寄りに見てもらいたい番組です。少子高齢化はまだまだ続きます。老人ばっかの日本の人口構成上、社会・経済をまともに運営していくためには、高齢者が死ぬまで現役(?)で頑張っていただく必要がある、と思う。そのためには、最新情報をかみくだいて理解しやすい「NHK高校講座」の視聴をおススメしたいと思います。

※参考資料: NHK高校講座 – NHKオンライン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください