アルクも“音読”

英語といえば、最近は「音読」が重要だと強調されています。全くその通りだと思います。かの大前研一さんは学生時代、外国人向けの観光ガイドで稼いで、高価なクラリネットを手に入れたらしい。そして、そのエピソードの後に、英語学習では音読が重要だとおっしゃいます。大前先生いわく、鳥の鳴き声を真似るがごとく、英語の鳴き声(?)を真似た・・・的なトレーニングを積んだそうです。


知的武装 金言集Part.II

いわゆるシャドーイングですね。やはり語学はなんと言ってもシャドーイング、すなわち「音読」が重要です(シャドーイングは音読の一部)。シンプルにしてクラシカルです。今から37年前、私も中学校の教室で英語の先生の後に(リピート・アフター・ミー)、たしかに音読していました。この練習は今でも“鉄板”なのです。

「音読」に最適化された教材

そうはいっても、ただやみくもにシャドーイングするのは心配ですよね。そこで、英語通信教育の老舗「アルク」では、音読に最適化された教材「イングリッシュ・クイックマスター」を用意しています。実は、このサービスには①超初心者向けの「イングリッシュ・クイックマスター zero」と、②英検3級レベル対象の「イングリッシュ・クイックマスター英会話 basic」が既にあるのですが・・・。

ジャ~ン! この6月2日に新しいメニューが加わりました。「イングリッシュ・クイックマスター 英会話 advanced」です。

『アルク イングリッシュ・クイックマスター 英会話advanced』は、「声に出せば、きっと伝わる」を共通コンセプトとした『アルク イングリッシュ・クイックマスター シリーズ』の第3弾で、入門者向けの『アルク イングリッシュ・クイックマスター zero』(開講2013年10月)、初級者向けの『アルク イングリッシュ・クイックマスター 英会話basic』(同2014年1月)に続く、英会話中上級者向けの通信講座です。

開始レベルの目安はTOEICテスト550点または英検2級程度からで、「相手との会話を自分の意思でコントロールすることができるようになる」ことを講座修了時の目標としています。・・・本講座では、まとまりをもった内容を「声に出して」伝える学習を徹底的に追求。・・・

発音練習アプリ付き通信講座『アルク イングリッシュ・クイックマスター 英会話advanced』本日開講、PR TIMES、2014年6月2日

中・上級者向けクイックマスター

なるほど。英検2級レベルを想定していますので、中級から上級者向けです。このイングリッシュ・クイックマスター三部作(?)の三作目ですが、会話の展開力を磨くそうで、アルクいわく「コミュニケーションの極意をつかむ」ことを目的としています。「つかみはOK」ってか? 口下手のオイラのような日本人にとって、わりと高度なテクニックをつかむ講座のようです。

しかし、45年もの長きにわたり日本人の為に洗練された英語教材を提供し続けてきたアルクです。日本人向けのノウハウ満載でしょう。「クイックマスター 英会話 advanced」で、洗練された英会話を習得したいですね。

>> イングリッシュ・クイックマスター 英会話 advanced

スマホ対応に進化するアルク

また、最近ではアルクの教材もネット塾化してきました。この「クイックマスター 英会話 advanced」でも、パソコンはもとよりスマートフォン(スマホ)やタブレットでも手軽に発音練習ができます。まさに、“歩く(アルク)も音読”という離れ業(?)も可能といえば可能です。

もちろん、歩行中なので、自動車その他には充分気をつけたいですが・・・。いずれにせよ、「地球人ネットワークを創る」株式会社アルクは常に進化しているのです。さすが、1969年創業の語学学習大手は伊達ではないのです。

イングリッシュ・クイックマスター 英会話 advanced

※参考資料:
15.音読をやって効果が出る人と出ない人がいる人が理由、Hiroki Yamaguchi、2013年07月15日
第4回:音読はやり方に気をつけよう!、安河内動画チャンネル、2014年01月10日
東進ハイスクール・安河内哲也の 「話せる人」を目指す英語勉強法、PHPビジネスオンライン 衆知、2014年02月06日
イングリッシュ・クイックマスター zero、ネット塾ジャーナル、2013年09月09日
音読ほど効率的な方法はない、ネット塾ジャーナル、2014年04月17日
英語学習をがんばってみようかしら♪、ハナ日記、2009年06月08日
アルク、Wikipedia、最終更新2013年11月17日
株式会社 アルク – 会社概要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください