林先生が落ちこぼれ軍団に特別授業(6)了

>> 前日の記事より続く

どういう女の子を好きなればイイですか?

ここで授業は終わりのはずなのですが、男子生徒から「どういう女の子を好きなればイイですか?」との質問が出て、“課外授業” がスタートしました。
※以下、引用部分は、一部改変していますが、おおよその口述筆記です。

残酷な現実言おうか。オレの莫大な経験で言って、自分のことを好きになってくれる女の子、人によって率が違うけど、オレも少ないのよ。だいたい100人のうち一人か二人いるかいないか。君(質問した男子生徒)もそんなに多くはないと思う(爆笑)。残念ながら。コレはお互いあきらめよう。

福山雅治だと、(自分のことを好きになってくれる女の子が)100人中70~80人になる。もっとかなぁ。だから、そこを見極める。つまり、自分のことを好きになってくれる相手をみる目というものを、見つけなければいけない。好きにならない子は、“ならない” から。

オレの場合、わかりやすく言うと、亀田兄弟のファンっていうタイプは絶対オレの方来ない。
(生徒多数: おお~)
わかったでしょ。逆にオレのこと好きっていうタイプは、残念ながら、君の方には絶対行かない。そういう、自分のことを好きになってくれるゾーンを見つけていかなきゃダメなんだ。

20130609_asunaro_sy

林流(?)“恋愛のシステム” 論

話は盛り上がり、さらに林流(?)“恋愛のシステム” 論に展開する。これが面白い。まさに、「解決と創造」を地で行っている話です。

しかもねぇ・・・。ちょっと、“恋愛のシステム” 解説するね。

20130609_asunaro_sys

脳が違うの、男と女は。これ、ある本に書いてあったんだけど、男の脳は「一目惚れゾーン」って広い。ポーンって飛び込んでくる。ここで「好き」となって、でも実際付き合っていくと、「あれ?意外とルーズだな」とか、「あれ?なんかだらしないな」とか、減点して「普通ゾーン」に落ちていく。

女の子違う。女の子の一目惚れゾーンって、本当に少なくて、ここに飛び込めるのは、キムタクとかねぇ、福山とかホントに一部の人。一般人、無理。で、だいたい普通ゾーンは広いんです。で、ここに、「生理的に受け付けないゾーン」っていう地獄のゾーンがある。

20130609_asunaro_sys2

だから、男はここ(生理的に受け付けないゾーン)に入らないように、清潔にしておかなければいけない。
(女子生徒: リアル!)
わかる? もうここに入っちゃったヤツは絶対動かない。でしょう?
(女子生徒: うなずく)

男の子優しいから。女の子厳しいから。
(女子生徒: 絶対うそ! 女の方が優しいよ。)
(男子生徒: いや、女の子厳しいよ。)
(女子生徒: 優しいよ。女の子。)

しかも、女の子はいきなりここ(一目惚れゾーン)来ないからね。ここ(普通ゾーン)にいて、イロイロ(男の子が)頑張っていると、点数積んで積んで、「あっ、意外と良い人じゃん」→3点ゲット、「こんな優しいところあったんだ」→5点ゲット、「なかなかいい」・・・はい、合格。チーンみたいな。

20130609_asunaro_sys3

そこで、ゾーンが替わって(普通ゾーン→一目惚れゾーン) “恋愛” になる。「なんであの人いつの間にか私の心に住みついちゃって」みたいなことを言うわけだ(笑)。わかる? この恋愛のメカニズムを活かして、自分のゾーンを絞って、その子の前でイロイロ頑張ることによって、点数をゲットして、こっち(一目惚れゾーン)に移すわけだ。


そこで最後に別の男子生徒が授業を閉める質問をします。ナイスだねぇ。

(男子生徒: じゃぁ、最後に、授業いつ終わるの?)
今でしょ!

・・・いやぁ、なかなか厳しい授業。でも、なんか一つは持って帰ってくれるよね。全部は当然(無理だけど)イロイロなこと言ったから、(でも)なんか一つ二つ持って帰って、今後の君たちの生活に活かしてくれればいいな、ということで今日の授業、これでおしまいにします。

(生徒多数: ありがとうございました。)

(了)

※参考資料:
テレビシャカイ実験 あすなろラボ、フジテレビ
カリスマ講師・林修先生が高校中退者19名とガチンコ勝負!? 現場密着レポート!、webザテレビジョン、エンターテインメントニュース、2013年06月09日
フジテレビ「テレビシャカイ実験 あすなろラボ」で林修先生が語った名言まとめ! いい番組でした、NANOKAMO BLOG、2013年06月09日
東進ハイスクール在宅受講コース、Nagase Brothers Inc.
林先生の初授業!!  ヤンキーを相手に授業開始!!、FC2動画、登録2013年06月10日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください