英語順.com

ネット塾(インターネット学習塾・予備校)かどうかは議論が分かれそうですが、英語学習サイト「英語順.com」は画期的です。英語学習なのに、日本語を聞いて勉強するからです。何、なに・・・?

ヘンテコ日本語に慣れる

つまり、日本語を英語の語順に無理やり(?)置き換えて、そのヘンテコ日本語に慣れる・・・というメソッドなのです。題して「日本語で英語の語順感覚を身に付ける!」です。「英語順.com」は、英語の語順(=英語順)のヘンテコ日本語を聴いて学習するという、新しい発想の英語学習サイトです。

日本人なので日本語はすぐ理解できます。それがたとえヘンテコな日本語でも。この英語順・日本語に慣れれば、英語を聴いた時、語順に並び替えずに“自然”に理解できます(しやすくなります)。

これは想像以上になかなか効果的です。個人的には英語への「壁・拒否感」が無くなりました。例えば“I want to speak English.”は、「私は英語を話したい。」ではなく、「私は、欲しい、話すことを、英語を。」になります。最初は戸惑いますが、いったん慣れると(脳の中で)日本語と英語がシンクロするのです。う~ん・・・びっくりです。

英語と日本語では語順が著しく違う

たぶん、若年層には必要ない学習法かもしれません。アタマが柔らかいので、英語をそのまま理解しやすいからです。しかし、中高年の方々(筆者を含め)が、いまさら英語を頑張って勉強しても、直感的に英文を理解することができない。それが現実です。

学校ではSVOCの4つの要素で構成されている・・・と学習しました。「主語Subject+動詞Verb+目的語Object+補語Complement」が英語の並びだと。理屈ではわかるのですが、例えば現実の“英会話”になると何が目的語(O)で何が補語(C)なのか分からなくなってしまいます。なぜなら、日本語と語順や文法が著しく違うからです。

語順置き換えと入れ子構造

そこで「英語順.com」では、英語の語順・構成をそのまま日本語に置き換えます。また同時に、英語の「入れ子構造」も表示されます。“英語の文章は、最初に骨格を伝え、後から肉付けする”というのが、大まかな英文構造ですが、これを「入れ子構造」の図示というカタチで、画面上で表示されます。

私が思うに、「英語順.com」での学習は、日本人に英語を直感的に理解させます。これはすごいことです。ぜひ一度「英語順.com」を体験して頂きたいと思います。会員登録は無料です。

※参考資料:
・「英語順.com」、http://www.eigojun.com/、株式会社エデュチャイム
・「英語順! しゃべれる英文法」、西巻尚樹(著)、2006

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください