スマホ席巻、パソコンなど販売減

ネット塾(インターネット学習塾・予備校)のプラットフォームですが、これは比較的短期間に、パソコン(PC)やゲーム機からスマホ(スマートフォン)に大幅に移行しそうです。日経新聞によれば「スマホ席巻」と題して、大幅な需要のシフトが見られます。

20130213_nikkei

コンパクトデジタルカメラや携帯型ゲーム機、パソコンの収益環境が急速に悪化している。消費者がスマートフォン(スマホ)で撮影やゲームなどを楽しむようになっているのが背景。各社の2012年4~12月期決算発表では、ソニーやパナソニックがデジカメの販売計画を下方修正するなど不振が鮮明になった。電子部品や半導体なども含め、こうした既存のデジタル製品のメーカーは収益モデルの再構築を迫られている。・・・
※日本経済新聞、2013年02月13日、抜粋

「パソコン(PC)、ゲーム機など」から「スマホ」に需要がシフトしていて、下記のメーカー各社は非常に厳しいようです。

ソニー: 携帯型ゲーム機の販売台数は4割。ゲーム事業の2012年10~12月営業利益は前年比86%減。
任天堂: 携帯型ゲーム機の販売振るわず、2013年3月期は2期連続の営業赤字に。
富士通: 欧州PC子会社の投資回収が困難。のれん代減損で2013年3月期に280億円の特別損失。
アルプス電気: 全世界で3000人の削減。プリンターやキーボード向けなどの不採算製品を整理。
パナソニック: PC向け半導体事業の赤字続く。
日本電産: PC等から自動車向けに経営資源をシフト。

対する、スマホ関連各社は盛り上がっています。スマホ端末市場の2強、米アップルと韓国サムスン電子は依然好調です。村田製作所(スマホ用コンデンサー)、日東電工(タッチパネル用光学フィルム)も2012年10~12月期に大幅増益。ソフトバンクとKDDIも最高益更新です。遅ればせながら、ソニーもスマホ新製品を2013年02月9日に発売し、巻き返しを図ります。

          ※          ※          ※

「ネット塾」のプラットフォームも、数年で「スマホ」が軸になりそうです。「スマホでお勉強」が常識になる時代もすぐそこですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください